アイアンの方向性がぶれるのはアドレスの向きが間違っているから!
ゴルフ初心者

アイアンの方向性がぶれるのはアドレスの向きが間違っているから!

0

アイアンショットで重要な要素は何でしょうか?

・距離感
・方向性
・弾道
・スピン量
・飛距離

などなど、いろいろな要素がありますが、100切りを達成するに当たって重要なのは方向性です。

コースに出ると方向感覚を失う

人は誰でも広くて物がない場所に出ると方向感覚を失います。

練習場では、隣打席とのフェンスやマットの境目などを無意識に認識し目標に対して真っ直ぐ肩のラインを向けることができます。

しかし、広いゴルフコースに出ると方向感覚が狂ってきます。

それは目印となるマットのラインやフェンスがないからです。

プロゴルファーでも毎ショット、キャディーさんに後方から確認させている人もいますね。

まずは目標に対して正しくアドレスを取ることがプロゴルファーでも難しいことだと認識しましょう。

とは言っても、僕らアマチュアは毎ショットキャディーさんに確認してもらうわけには行きませんし、プロゴルファーほどの精度も求めていませんので、許容範囲内で正しくアドレスが取れるよう訓練しましょう。

アドレスの向きがずれる理由①

右打ちの場合、大体の方が目標よりもやや右を向いています。

なぜアドレスで目標物よりやや右方向を向いてしまうのでしょうか?

それは肩のラインを目標方向へ向けているからです。

弓道やアーチェリーのように体の側から矢が飛んでいく場合は、肩のラインを目標に向ければそこに矢が飛んで行きます。

ただ、ゴルフの場合は体とボールが離れています。

肩を目標物に向けるとボールは肩のラインと平行して飛んで行き、目標よりも右方向へ飛んでいくという具合です。

ゴルフにおけるアドレスは、ボールと目標物を結んだラインと平行に肩のラインを向けるということを覚えておきましょう。

アドレスの向きがずれる理由②

◆前傾姿勢

初心者で多いのが、素振りの時は目標を見ながら振っていて正しい向きで立つことができています。

しかし、いざアドレスに入り前傾姿勢になってボールに目を落とした瞬間肩のラインが右に向いてしますのです。

素振りをしていた足の位置とアドレスに入った時の足の位置がズレていないか確かめてみることでセルフチェックができますね。

まとめ

ゴルフにおける正しいアドレスは、『ボールと目標物を結んだラインと平行に肩のラインを向ける』ということをを覚えておきましょう。

慣れるまでは少し左を向いているようで不自然な感覚になるので、慣れるまで繰り返す必要がありそうです。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

アイアンの方向性がぶれるのはアドレスの向きが間違っているから!

カートに追加されました。


×