アイアンショットはコンパクトに振って初心者脱出!

お気に入り
アイアンでグリーンを狙う時、無理に飛ばそうとする理由はまったくありません。

にもかかわらず、なかなか100を切れないレベルのゴルファーは、ドライバーショットのように、トップでシャフトが地面に水平になるような大きなスイングをしています。

アイアンショットに大振りは禁物なんですよ。

クラブが短い分、アップライトでコンパクトになる

クラブが短い分、アップライトでコンパクトになる

getty

パー3のティーショットや2打目以降では、番手ごとの自分の飛距離を把握したうえで、グリーンまでの距離に合わせたクラブを手にしていますよね。

あとはいかに正確にグリーンをとらえるかがポイントになってきます。

アイアンショットは、ドライバーやフェアウェイウッドに比べてクラブが短くなる分、スタンス幅も狭く、ボールが体の近くにきます。

その分、自然にアップライト(縦振り)で小さめのスイングになってきます。

飛ばそうという意識がミスを誘発する

飛ばそうという意識がミスを誘発する

getty

それにもかかわらず、無理に体を回して飛ばそうとすると、スイング軸がブレ、体が上下左右に動いてしまい、様々なミスを誘発してしまいます。

体を自然に捻り上げて限界を感じたら、それがアイアンショットでのトップです。非常にコンパクトになっていることがわかるはずです。

左わきを締め、体の回転で打つ

左わきを締め、体の回転で打つ

getty

コンパクトなトップオブスイングを作ったら、左わきを締めて体の回転でスイングしていきます。

これでボールを正確にヒットでき、狙ったエリアにボールを運ぶことができるようになります。

クラブが短くなるにつれ、スタンス幅が狭くなるため、トップスイングもより小さくなっていくのが自然なスイングなのです。

アイアンは、決められた距離を打つクラブです。

大振りしないほうが、毎回安定して同じ距離を打てますよ。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >