意外と簡単!?フェース面を真上に向けてロブショットを打ってみよう

お気に入り
ピッチショットよりも高く、フワリと柔らかく上げて、グリーン上にピタリと止め、ランをほとんど出さないのが「ロブショット」です。

その芸術的な美しい軌道に、憧れすら抱くアマチュアゴルファーはとても多いです。

実は誰しもが普段のプレーでこのショットを打っていると言ったら……?

実はバンカーショットと同じショット

実はバンカーショットと同じショット

getty

それはガードバンカーからの“エクスプロージョンショット”です。

クラブフェースを開いて、その分だけオープンスタンスにし、スタンスのラインに沿ってスイングしながら、ボールの手前にソールからクラブヘッドを落としていくショットです。

このエクスプロージョンショットをアプローチで行えば、ロブショットになるのです。

フェース面が真上を向くくらい思い切り開いているので、ボールの前進するパワーが上に舞い上がるパワーに変わって、高々と舞い上がります。

そして、ボールが上がった分だけ落下する角度が垂直に近くなり、ボール自体の重さも加わってピタリと止まるというわけです。

使用クラブはサンドウェッジ

使用クラブはサンドウェッジ

getty

ロブショットでの使用クラブはサンドウェッジです。もしくはサンドウェッジよりもロフトの寝ている“ロブウェッジ”です。

スタンスの中央よりも左足かかと線上近くにボールをセットします。

この時リーディングエッジは目標に向けますが、スタンスがオープンになっているので、自然とフェースは開いていることになります。

ソールからクラブヘッドを入れる

ソールからクラブヘッドを入れる

getty

そうしておいて、スタンスの向きに沿って振っていけばいいのです。

テークバックでは手首のコックを使いクラブを上に上げ、エクスプロージョンショットと同様に、ボールの手前にソールからクラブヘッドを入れます。

そのソールを滑らせながら、リストターンはせずにフェース面を上に向けたまま、フィニッシュ目がけて大きく振り抜くようにスイングしていくのです。

使える場所は限定されます

使える場所は限定されます

getty

よし、今度使ってみようと思った皆さん、ちょっと待ってください。

実はロブショットは、使っていい場所が限られているのです。

それは、“ボールの下にクラブが入っていく隙間があるライ”です。

ボールの下にフェースがもぐりこんでいく隙間がないと、リーディングエッジにボールが当たってトップして大オーバー、なんてことになってしまいます。

なので、ラフの上にボールがちょっと浮いている状態や、難度は高いですが長めの芝のフェアウェイの上などからならロブショットにチャレンジしてもいいでしょう。

やってみるとそれほど難しくないロブショット、みなさんも練習してみて、コースでも使ってみてください。
お気に入り
クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721

TOPページへ >

TOPページへ >

クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721