100切りのためのチェックポインイト!その2「コースレイアウトを確認」

getty

ゴルフ初心者

100切りのためのチェックポインイト!その2「コースレイアウトを確認」

0

ゴルフファーの約7割の人が100切りができていないのが現状といわれています。

周りのゴルファーは軽々と100を切っているように見えるのに、実は約3割の人しか100切りができていなかったんですね。

練習場ではうまく打てる。なぜかコースにいくとうまくいかない。

上がってみると120・・・。そんなゴルファーがほとんどなんです。

今回は、練習場ではいい球が打てるのに、コースに出ると100が切れない。そんなゴルファーにスポットを当ててチェックポイントをお伝えして行きます。

チェックポイントその2は“コースレイアイトを確認”です。

チェックが必要な方

自分がコースレイアウトをしっかりと確認できているかどうか認識するには、自分のラウンドを振り返ってみましょう。

自分のラウンドを振り返ってみた時に、OBが多かったり、池ポチャやバンカーが多い場合にはコースレイアウトを確認せずラウンドしていることが多いということです。

いわゆる、コースの設計にまんまとはまっている方です。

ティーショットの前に必ず確認

ティーショットの前に必ずコースレイアウト図を確認するクセをつけましょう。

ティーグラウンドからバンカーや池までの距離、左右のOBの有無など事前に把握しておけば、無駄な1打を減らすことができます。

またコースレイアウト図で左サイドがOB、右サイドがワンペナと事前に把握しておけば、右方向へのミスならOKという気持ちで思い切ってティーショットを打つことができます。

番手も変わる

コースレイアウトを把握するとティーショットやセカンドショットの番手選びも変わります。

例えば、320ヤードの狭いパー4のホールでドライバーを握る必要はまったくありません。

5番ウッドや、ユーティリティも選択肢に入れることができます。

ドライバーで曲げたらOBでも、5番ウッドやユーティリティだったら大きく曲げても大丈夫なコースレイアウトは多々あります。

ティーショット前に必ずコースレイアウトを確認し、自分の飛距離と相談しましょう!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

100切りのためのチェックポインイト!その2「コースレイアウトを確認」

カートに追加されました。


×