平らな場所を探すことがティーショットの成功率を上げるコツ!

お気に入り
皆さんはどんな注意をしながら、ティーグラウンドにティーアップしていますか?

もしかしたら、ゴルフコースで唯一平坦な場所から打てるのが、ティーグラウンドと思ってはいないでしょうか?

ティーショットのミスはスイングだけでなく、意外にティーアップした場所が原因ということも多いのですよ。

練習場ではナイスショットが連発していたのに……

練習場ではナイスショットが連発していたのに……

getty

スタート前の練習場ではナイスショットが連発して絶好調。

しかし、いざラウンドが始まってみると、ボールが右へ左へ、なんて経験をしたことはありませんか?

このような人は、ティーショットを打つ前の観察不足がミスを呼んでいるのかもしれません。

というのも、練習場という場所はほとんどが平坦なのに対して、各ホールのティーグラウンドというのは、厳密に言えば、平坦な場所はほとんどないと言えるのです。

足の裏で微妙な傾斜を感じよう

足の裏で微妙な傾斜を感じよう

getty

目ではっきりとわかる前上がり、前下がり、左足上がり、左足下がりといった大きな傾斜でなくても、微妙な傾斜や凸凹は、必ずティーグラウンド上にはあるものだと認識してください。

ということは、ティーグラウンドをしっかり観察し、できるだけ平坦な場所を探し出す作業がまず必要です。

それもアドレスを取る足場だけでなく、ティーアップする場所も足場と同じレベルになっていることが望ましいことですね。

普通に立ってみて、つま先に体重がかかるようなら前下がり、かかとにかかるようなら前上がりというように、足の裏のセンサーを働かせることも大事なのです。

傾斜はさまざまなミスを誘発する

傾斜はさまざまなミスを誘発する

getty

足場が平坦でもティーアップした場所が低ければ、トップしやすいし、スライスボールが出やすくなります。

反対に高ければ、ダフリやフックボールが出やすくなります。

さらにティーアップした場所の凸凹にも注意しなければいけません。

ティーアップした後方が盛り上がっていたりすると、当然ダフりやすくなります。

また、ティーグラウンド上の芝がフカフカしているケースでは、いつもよりティーアップを高くしてしまうことから、テンプラ等のミスも出やすくなることもありますので、十分注意を払ってください。

ティーアップする場所に気を配るだけで、ティーショットの成功率が上がりますよ!
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516