チャンスにつける!ショートアイアンを上手く打つコツ♪
ゴルフスイング

チャンスにつける!ショートアイアンを上手く打つコツ♪

0

こんにちは。

kengolfです。

今回は9番アイアン以下のショートアイアンを上手く打つコツについて書いてみたいと思います。

皆さんの参考になれば幸いです。

肩の力を抜こう。

ラウンドしていて、ドライバーがナイスショット♪

残り100ヤードをピッチングウェッジで打って、大きく左にひっかけてしまった。

ああ、もったいない。

そんな経験、誰にでもありますよね。

ショートアイアンを上手く打つには、まずは、肩の力を抜いてください。

アドレスでいつもよりも、腕をダランと垂らすようなイメージで、肩から腕の力を抜いてから、クラブを握りましょう。

ラウンド中に肩甲骨を後ろに引いたりする動作をすると自然と力みが抜けてきますよ。

いつもよりもゆったりとしたリズムを心がける。

アドレスを目標方向に取ったら、

いつもの練習場のスイングの7割くらいの力感でスイングしましょう。

ショートアイアン自体、短くて重く、ロフトが大きいので強振すると左に行きやすいクラブです。

コツは7割くらいの力感だけど、身体はしっかりと回して打つことが肝心です。

7割くらいでミート重視でも、しっかりと番手どおりの飛距離は出てくれますよ。

腕先で力いっぱい振りながら操作すると、いろいろなミスが出やすいので注意が必要です。

練習場では。。。

どうしてもひっかけちゃうんだよね。。。

という方には、練習場でピッチングウェッジでスライスを打つ練習がおススメです。

ややハンドアップに構えて、自分が思っている以上にゆっくりと振ります。

目標よりまっすぐ出てやや右に落ちるようなスライスを力感5割くらいで打つ練習をすると、コースでも大きなミスが減ってきます。

よかったら試してみてください。

皆さんの参考になれば幸いです。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

チャンスにつける!ショートアイアンを上手く打つコツ♪

カートに追加されました。


×