幻のゴルフ場「根岸」を豪快に妄想してみた!

http://www.musselburgholdlinks.co.uk/

ゴルフコース・練習場

幻のゴルフ場「根岸」を豪快に妄想してみた!

0

横浜市に「根岸森林公園」という場所があります。

今は日中や休日になると子供たちの声が響く、のんびりと広々とした公園ですが、ここは日本で3番目、関東で最古のゴルフ場があった場所です。

1866年に根岸競馬場が完成し、1906年にトラックの中に根岸ゴルフ場が作られました。

※写真は、世界最古のゴルフ場で、同じく競馬場内にコースがある、スコットランドのマッセルバラリンクスです。

競馬場の詳細以外はあまりわかっていない?!

競馬場の詳細以外はあまりわかっていない?!

1943年にゴルフ場は閉鎖され、戦後はアメリカ軍がゴルフ場として再開し、1969年に日本へ返還されて再び閉鎖され現在は公園になっています。

日本で初めて作られた洋式の競馬場。

そのコースの内側に作られたパー33の9ホールのゴルフコースだったそうです。調べてみると全長は2374ヤード(パー4が6ホール、パー3が3ホール)。

ゴルフ場としては「神戸」「横屋」に続いて3番目のゴルフコースでした。芝グリーンのゴルフ場としては日本で最初のゴルフコースでした。

スコットランドには競馬場の中にあるゴルフ場が世界最古のコースとして残っています(マッセルバラリンクス、下記リンク)。

それを考えるとこのゴルフ場は、日本ゴルフの歴史として残してあったら良かったのにと思いますね。

いろいろと調べてみたんですが、実はゴルフの事についてはあまり伝わっていません。

競馬場のコースの内側だったので大きな起伏はなかったと思いますが、公園になっている現在の状態を見ると適度な傾斜や起伏などがありゴルフを楽しめたのではないかと感じます。

おそらく、当時は手作業でコブや起伏を表現していたはずで、海にも近いこの立地は「リンクス」に近いゴルフ場だったのではないかと感じます。

詳細があまり明るみに出ないので。。。超勝手に想像をしてみました(笑)。

上の画像なのですが、戦後日本に返還された頃の航空画像を元にレイアウトを想像してみました(本当に超勝手な想像なのでおそらくほぼ間違ってます)。

100ヤード前後のパー3と300ヤード前後のパー4のレイアウト。

ただこの想像のレイアウトだとミスショットで競馬のレーンへ球が行くことが多そうなので間違っているでしょうね(笑)。

存在した場所は?

現在の根岸線「根岸駅」北側数百メートルに位置する「根岸森林公園」がその場所です。
車なら湾岸線を横須賀へ向けて走り「三渓園」を過ぎた辺りです。

現在は大きな公園と「馬の博物館」を有する場所です。

実は仕事でこの場所に行ったことがあるのですが、「なんでこんなところに馬の博物館なんだろ?」と不思議に思ったことがあったのです。

今思うとこんな秘密が隠されていたなんて。。。と驚いています。

競馬場もゴルフ場もそこにはありませんが、のんびり芝生の上に座って辺りを見渡したらその昔ゴルフを楽しんだ風景が見えるかもしれませんね。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

幻のゴルフ場「根岸」を豪快に妄想してみた!

カートに追加されました。


×