3種類のゴルフクラブの握り方を紹介します。あなたにはどれが合う?
ゴルフ初心者

3種類のゴルフクラブの握り方を紹介します。あなたにはどれが合う?

0

今回はゴルフクラブの握り方(グリップ)を紹介します。

ゴルフの握り方は大きく3つあるので、それぞれの特徴を押さえておきましょう。

・オーバーラッピング
・インターロック
・ベースボール

以下でそれぞれ紹介します。

オーバーラッピング

右手の小指を、左手の人差し指と中指の間に乗せるような形で握ります。

右手に無駄に力が入らないようにすることで、方向性が安定するといわれています。

プロゴルファーでは一番多いグリップのようで、腕力に自身のある方にお勧めのグリップです。

右手の力を抑える分、腕力に自身のない方や、女性・ご年配の方にはお勧めできないですね。

インターロッキング

インターロックという方もいます。この握り方が一番ポピュラーな握り方ですね(ちなみに私もこのにぎりかたです)。

右手の力を使いやすいため、腕力に自信がない人向けのグリップとされています。

人差し指と小指を絡めるゴルフ特有の握り方で、左右の手に一体感が感じられる事がこの握り方のメリットですね。

ベースボールグリップ

その名の通り、野球のバットを握るようにゴルフクラブを握ります。

女子プロゴルファーの勝みなみ選手や男子プロの時松隆光選手もこのベースボールグリップです。

左右両腕を生かすことができるので、非力な方にお勧めの握り方になります。

知り合いにも1人この握り方の人がいますが、少々特殊なグリップという位置づけなので、これからゴルフを始めるという方は、オーバーラッピングかインターロッキングで始めたほうがベターですね。

以下にまとめておきます。

腕力に自信がある:オーバーラッピング
腕力は人並み&腕力に自信がない:インターロッキング

という感じで最初は始めてみて、インターロッキングがなかなかしっくりこない場合はベースボールグリップを試してみましょう!

ゴルフクラブの握り方は少し特殊な握り方をします。

はじめは慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、慣れれば何も違和感なくスイングできるようになります。

少しの間我慢してみるのも必要ですね!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

3種類のゴルフクラブの握り方を紹介します。あなたにはどれが合う?

カートに追加されました。


×