初心者向けパッティングチェックリスト⑥「アドレス時にヘッドを地面につけていないか?」
初心者向けパッティングチェックリスト⑥「アドレス時にヘッドを地面につけていないか?」
ゴルフ初心者

初心者向けパッティングチェックリスト⑥「アドレス時にヘッドを地面につけていないか?」

0

みなさんこんにちは! ライターの今日一です!!

今回の記事は短いですよ!

「試してみたら、現時点ではベストだった!」という内容ですので。

私の記事はいつも長くなり過ぎる感がありますので、たまにはこれくらいの方がバランスが取れてちょうど良いかもしれませんね!

ヘッドを地面から浮かすと

ヘッドを地面から浮かすと

パッティングチェックリスト⑥は、「アドレス時にヘッドを地面につけていないか?」です!

早速本題です。

上記画像(ヘッドを地面から浮かした状態)を見ていただくと、フェースがボールの中央にきていることが分かると思います。

ヘッドを地面につけると

ヘッドを地面につけると

こちらの画像(ヘッドを地面につけると)を見ていただくと、フェース上部でボールを打つことになってしまうのが分かりますね。

結果として、「ヘッドを地面につけて構えるとフェース上部で打つことになり、ボールに無駄なバックスピンが掛かり直進性が低くなる」ということになります。

「ヘッドを地面につける」を試している段階で、直進性が低くなることを抑えるために「強く打つ」ことを意識し始めてしまい、今度は手に力が入り過ぎてしまってかえって左右のブレが大きくなってしまった……という失敗経験があったことをご報告しておきます。

ヘッドはいったん地面につける

「ヘッドはいったん地面につけた方がいい」と聞いたこともあります。

ヘッドを地面に着けて方向をしっかり合わせた後に、忘れずにヘッドを浮かして始動する、ということです。

うんうん、一理ありますね!

ただ私の場合、今のところ「つけるとつけっぱなしで振り始めてしまう・・・」という危険性があるため、最初から「浮かせて構える」ことにしています!!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

初心者向けパッティングチェックリスト⑥「アドレス時にヘッドを地面につけていないか?」

カートに追加されました。


×