【2019年ルール改正】ゴルフではグリーン上で旗(ピン)を立てたままパッティングできる?

お気に入り
こんにちは、ライターのとやです!

これまでに2019年のゴルフルール改正の内容をさまざまなところで耳にした方も多いのではないでしょうか。

けれどもなかなかすべてを理解するのって難しいものですよね。

そこで、2019年のゴルフルール改正案を1つずつこれまでのルールと照らし合わせて紹介していきたいと思います。

まず第一弾。

2019年のゴルフルール改正で、グリーン上でピンを立てたままパッティングをできるようになりました。

これまでのルールでは、パッティングしたボールがピンに当たるとどうなった?

これまでのルールでは、パッティングしたボールがピンに当たるとどうなった?

getty

2018年現在のゴルフルールでは、パッティングをする際ピンは抜かねばなりませんでした。

ロングパットでカップが見えないような場合、同伴者にピンを抜いてもらいピンにボールが当たらないように処置しなければならなかったのです。

仮にピンをそのままにしておいて「どうせ入らないから」とパッティング。

ピンに当たってカップインしてしまった場合はどうなっていたのでしょうか。

これ実は2打罰になったんですよね。

ピンに当たって外に出てしまった場合は、2打罰に加えてプレーはその場から続行することになっていました。

2019年ルール改正でピンを抜くか抜かないか選択可能になりました

2019年ルール改正でピンを抜くか抜かないか選択可能になりました

getty

2019年のルール改正ではピンを抜くか抜かないかを選択できるようになりました。

そのためパッティングがピンに当たってもペナルティなし、となりますね。

プロゴルフ中継で、プロゴルファーの超ロングパットがピンに当たってカップイン! なんていう場面が普通に見られるようになりました。

ピンを抜かずにパッティングするメリットは?

ピンを抜かずにパッティングするメリットは?

getty

ピンを抜かずにパッティングができる、ということのメリットを考えてみましょう。

ロングパットを打つ場合に、同伴者がそこに1人つかなければならないようなケースがありましたが、それが不要になりました。

ピンまでの移動時間など、ほんの少しの待ち時間が解消されることに。

さらにピンを抜く人がラインを読む時間もその間に作ることができますので、カップインまでの時間がわずかですが確実に短縮できそうです。

パーティの全員がホールアウトした後にピンを戻す時間も節約されるので、その分も時間が短縮されます。

ピンを立てたままでパッティング、懸念される危険性も

ピンを立てたままでパッティング、懸念される危険性も

getty

初心者の頃、ベテラン同伴者から「ピンを持つときは旗を下に置くか、パタパタさせないように握っておけ。そうしないと後続に打ち込まれる可能性がある」と言われたことがあるゴルファーは多いのではないでしょうか。

グリーン面が見えているようなホールでは大丈夫ですが、キツめの打ち上げホールだと旗の部分だけがかろうじて見えているところも存在します。

そうしたホールでは、ピンが刺さっていることによってグリーン上のプレーが終了していると勘違いされるケースもあるでしょう。

このルール改正による事故が起きることは避けていただきたいものですよね。

たとえ打ち上げでグリーン上が見えないホールでも、前の組が確実にホールアウトしたことを確認してからグリーンに向かって打っていくようにしましょう。

まとめ

まとめ

getty

いかがでしたか?

まだまだたくさんある2019年ゴルフルール改正。

まず最初はピンを立てたままパッティングができるようになる、をお送りしました!

これが採用されると、パンパンに詰め込んであるゴルフ場の渋滞も、少しは緩和されたりするんでしょうか。そうなるといいなぁ……。
お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。