「四ないゴルフ」を知っていますか?

お気に入り
皆さんは「四ないゴルフ」という言葉を聞いたことがありますか?

「飛ばさない、(グリーンに)乗せない、(ピンに)寄せない、(カップに)入れない」というゴルフです。

日本プロゴルフ協会の会長である倉本昌弘プロは、以前からアマチュアのゴルフとして「四ないゴルフ」を提唱しています。

でもゴルフって、本来「飛ばして、乗せて、寄せて、入れる」までの回数を競うスポーツですよね。

「四ないゴルフ」と言われても、何だか矛盾しているように思えます。

そこで本日は「四ないゴルフ」の真意について考えてみましょう。

なぜ「飛ばさない」ことが大切なのか

なぜ「飛ばさない」ことが大切なのか

getty

ゴルフでは、飛距離が出た方が圧倒的に有利です。

2打目の番手が小さくなると、ショットの精度が上がり、グリーンオンする回数・確率が増えるからです。

そのため、多くのゴルファーが自分の最大飛距離を出そうとして、ドライバーを振り回しています。

その結果、球を大きく左右に曲げてしまい、OBになったりトラブルに見舞われているのです。

つまり、「飛ばさない」とは「コースでは自分の最大飛距離は狙わない」という意味なのです。

グリーンに「乗せない」方がいい場合とは?

グリーンに「乗せない」方がいい場合とは?

getty

ゴルフは、基本的にグリーンに端っこでもしがみ付いていた方が有利です。

なぜならパターが使えるからです。

そのため、多くのゴルファーが、何とかグリーンに届かせようとします。

そして、ロングアイアンを振り回して、グリーン手前のバンカーに捕まっているのです。

一般のアマチュアは、150ヤード以上残っている場合、無理にグリーンを狙うとトラブルになることが多いと思います。

「乗せない」とは、状況によっては「グリーンに届かないクラブで刻むことも必要」という意味なのだと思います。

ピンに「寄せない」ってどういう意味なんでしょう

ピンに「寄せない」ってどういう意味なんでしょう

getty

アプローチがピンに寄るとラッキーですよね。

ワンパットで済めばスコアもグッと良くなります。

従って、ゴルファーは基本的には「ピンに寄せること」を第一に考えます。

しかし気負い過ぎると、ピンをオーバーして下りの難しいパットが残ることがあります。

つまり「寄せない」とは「無理に寄せようとしてオーバーさせないように」という意味なのです。

「入れない」の真意、これはちょっと深いです

「入れない」の真意、これはちょっと深いです

getty

ゴルフの最終目的は、言うまでもなく「カップに入れる」ことです。

しかし、強気に「カップに入れにいく」と、思わぬトラブルに見舞われることがあります。

皆さんも、バーディーチャンスで強気に入れにいって、返しのパーパットも入らず、痛恨のボギーにしてしまったことはありませんか?

つまり「入れない」というのは「無理に入れに行ってスリーパットにしない」という意味なのです。

以上が「四ないゴルフ」の真意です(だと思います)。

皆さんのご感想はいかがでしょうか?

私は(言葉を多少補う必要はありますが)、かなり実践的な教えが詰まっていると思いました。

皆さんの明日のゴルフのお役に立てれば幸いです。
お気に入り
LITTLE RED BOOK

50代後半になって飛距離がガクンと落ちてきました。年齢に応じた90台のゴルフを楽しむのも一つの考え方ですが、私はいつでも80台でプレーして時々70台も出る、そんなプレーヤーで居たいと思っています。体力の低下が避けられない中、いかにしてゴルフの質を維持・向上させるのか。いろいろと試行錯誤してみようと思います。

このライターについてもっと見る >
ゴルフ5大処分市200701-0801
ダンロップゼクシオセリーグコラボボール200701-0801

カートに追加されました。


ゴルフ5大処分市200701-0801