世界の女子ゴルフを席巻する“ベタ足スイング”にチャレンジしてみよう!

お気に入り
安定した飛距離と、自分の望んだ方向にボールを飛ばすこと。

ゴルフにおける基本とも言えますが、思うようにいかないのがゴルフの奥深さと言えます。

そこでおすすめとなるのが、安定したショットが望めるベタ足スイングです。

今回は、ベタ足スイングのメリットと、練習方法についてご紹介します。

キレイなフィニッシュへと導く、ベタ足スイング

キレイなフィニッシュへと導く、ベタ足スイング

getty

ゴルフで飛距離を伸ばすには、いくつかの秘訣があります。

スイング後のフィニッシュも、重要なポイントです。

ゴルファーの中には、ボールに当てるインパクトまでは気を付けていても、フォローからフィニッシュで気を抜いてしまう、パンチショットもどきの人も少なくありません。

しかし、フィニッシュまで正しい形で持っていくことができれば、ヘッドスピードも上がって飛距離も伸ばすことができます。

そこで、いくつかあるゴルフスイングの中でオススメとなるのが、両足の全面をしっかりと地面につける“ベタ足スイング”です。

ベタ足スイングは、通常のスイングとは異なり、両足でしっかり地面を踏みしめて足の裏を回転させて、無理のない形でフィニッシュに持っていきます。

ベタ足のおすすめ練習法

ベタ足のおすすめ練習法

getty

ベタ足のスイングを身に付けるためには、繰り返しの練習が重要です。

最初のアドレスは、スタンスは肩幅の広さにして、ひざを曲げない状態で前傾姿勢を保つのが正しい形になります。

ベタ足の時は、ダウンスイングでの動きが基本ですが、ポイントはインパクトの瞬間まで右足をしっかりと地面につけておくことを意識することです。

反復練習で、体に覚え込ませることが重要とはいえ、いきなり大きなスイングを行ってはいけません。

ベタ足スイングは、最初に小さい振り幅で始めて、徐々に幅を広げていくのが上達のコツです。

そのため、最初はハーフスイングで始めて、上達したらフルスイングに持っていくのが大切になります。

この時、スイングのスピードをゆっくりにすると、右足への意識がしやすくなるので、まずはそこから始めましょう。

やり過ぎには注意しよう

やり過ぎには注意しよう

getty

ベタ足スイングは、ボールが真っすぐに飛ばせたりヘッドスピードが向上して飛距離が伸びるなど多くのメリットがある反面、注意点もあります。

ベタ足スイングは、インパクトからフォローにまで、常に両足をしっかりと地面につけた状態で打つため、手打ちになりがちなので注意が必要です。

無意識についてしまった手打ちの状態に気が付かず、練習をやり過ぎてしまうと、間違ったスイングが体に染み付いてしまいます。

そのほかにも、ベタ足はダウンスイングでの動きが基本となるため、ダフりが多くなってしまうケースも少なくありません。

これはやり過ぎたことによって、身体の回転が止まってしまって、右手のコックが早く解けてしまい、アーリーリリースになってしまうことが原因です。

それと、身体の柔軟性は人それぞれです。

特に股関節や足首など、無理をすると痛めてしまうかもしれません。

もし、練習後に痛みが出たりするようなら、無理は禁物です。

なるべく動画を撮ってスイングをチェックする習慣を付け、間違った練習、過度な練習に気を付けましょう。

世界を席巻している韓国女子プロ選手の多くがベタ足でスイングをしています。

そうした選手たちのスイング動画なども参考にして、ぜひ練習してみてください。
お気に入り
Fagio

学生時代からゴルフをやっているにもかかわらずエンジョイゴルファーのまま今に至ってます。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。