スピンをコントロールしてチップインバーディを狙おう~打点編~

お気に入り
こんにちは! ナイスショットしてますか?

今回は、セカンドショットがグリーンからちょっと外れてしまった場合に、知っているとチップインの確率が上がるかも? というお話をしていきたいと思います。

どんなんかな? それではいってみよう!

アプローチを入れにいく?

アプローチを入れにいく?

getty

テレビのトーナメント中継で、「今のアプローチは入れにいきましたねー」とか、「このアプローチを入れにいくしかありませんねー」などと、解説しているのを耳にしたことありますよね。

私はいつも入れようと思って打っているんだけど(入ってないけどね)……。

プロが打つ「普通のアプローチ」と、「入れにいくアプローチ」は、いったい何がどう違うのでしょう?

状況判断

状況判断

getty

プロは、いくつかの条件を総合的に判断して、距離を合わせたアプローチを選択するのか、カップインを狙っていくアプローチを選択するのかを判断しているそうです。

では狙える条件とは?

【ライ】ボールが沈んでいないこと

【目の向き】順目であること

【ボールが落ちてからカップまでのライン】平坦か上りで、単純なライン

基本的には、外した時に返しが難しくなりそうなら、狙わずに距離を合わせるのだそうです。

スピンコントロールするための打点の違い

入れにいく場合と、距離を合わせる場合には、打ち方も変わっています。

入れにいく場合は、打点がフェースの上側で、スピンが少なくランが出るアプローチ。

フェースの上のほうで打ちやすくするために、ヘッドを横から入れていきます。

止める場合には、打点がフェースの下側で、スピンを効かせたアプローチ。

フェースの下のほうで打ちやすくするために、ヘッドを上から入れていきます。

打点としては、上と下でスピンをコントロールしています。

いかがでしたか?

いかがでしたか?

getty

プロのアプローチは奥が深いですね。

でもこのことを知っているとチップインが増えるかも?

ぜひ練習して、カップインを狙ってみてください。
お気に入り
クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721

TOPページへ >

TOPページへ >

クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721