短い練習時間で100を切る!今すぐできる自宅で簡単練習法【ショートゲーム編】!

お気に入り
みなさん、ゴルフの練習はされていますか?

スコアを上げるためには、練習はもちろん必要になります。

何もしなければ、スコアアップは望めません。

とはいえ、「働いていたらなかなかゴルフに接する時間が取れないよ……」という方も多いですよね。

そんなお忙しい方にオススメの、効率的にスコアアップする“今すぐできる! 自宅で簡単練習方法”をご紹介します!

どんな練習があって? 何をするの?

どんな練習があって? 何をするの?

getty

ゴルフの練習にも種類はいろいろありますよね。

「自宅練習」「レンジ練習」「ラウンド練習」「ショートコース」「室内レッスン」「ラウンドレッスン」など。

全部を組み合わせられたら一番良いのですが、時間もお金もかかりますよね。

時間のない人が“100切り!”するには、「ショートゲーム」が大きな鍵となります!

そこで、すぐにスコアアップにつながる「自宅練習」を2つご紹介します!

スコアアップにすぐにつながる練習と言えば?

スコアアップにすぐにつながる練習と言えば?

getty

はい! 「パター」練習です。

大事なことは何回も言います! 「パター」練習!

パターマットとパターがあれば、スペースもそんなに必要ありません。

しかも、練習するのは“1メートルのみ”のショートパット練習! を徹底的に繰り返し練習します(最悪1メートルを打つような感覚で素振りだけでも効果あり!)。

みなさん、“1メートル”以内のショートパット、外した経験はありませんか?

「あ、やっちゃった」感の3パット。

それも“1メートルのみ”のパター練習が、キレイさっぱり解消します!

まず、“1メートルのみ”の距離を100パーセント外さずに確実に打てるようになれば、自信になります!

そして、ミドルやロングパットから“1メートル”以内にボールを運べれば、2打に収められる可能性がグッと上がります!

さらに! 練習すればするほど、不思議なくらいに距離感も向上してきます!

この練習方法を徹底に練習し、パターのアベレージが最近36パット以下に収まってきました!

「パター」の次にスコアアップにすぐにつながる練習と言えば?

「パター」の次にスコアアップにすぐにつながる練習と言えば?

getty

はい! 「アプローチ」練習です。

パターマットのある方は、パターマットを使用して転がす感覚で練習します。

パターマットがない方は、壁にクッションを立てかけて、絨毯の上から打つアプローチ練習もオッケーです(ただ、周囲や階下への騒音には十分注意してください)。

この練習で、“方向性”と“距離感”、“芯に当てる感覚”が養われます!

大事なのは、最初はアプローチで“ピタッ”と止めるアプローチをやろうとしないこと!

無理にアプローチで上げようとすると、トップしたりやダフったりと、ミスが続いてグリーンの周りを行ったり来たりの可能性があります。

まずは転がすこと! パターで打てるかどうか? をまず考え、打てなければ、転がすアプローチ(ランニングアプローチ)を選択することも、ラウンドテクニックの一つです!

プロの世界でも大事なのは、「ショートゲーム」だった!!

プロの世界でも大事なのは、「ショートゲーム」だった!!

getty

2017年の全英オープンでは、ジョーダン・スピースが優勝しました。

彼は、4日間通して「ショートゲーム」が本当に素晴らしく、特にパターは惚れ惚れしました。

プロの世界でも「ショートゲーム」が大事なことが、改めて証明されていました!

練習時間がなくても、効率的にスコアアップするには「ショートゲーム」=100ヤード以内の練習(パター&アプローチ)の練習が大事です。

ドライバーやセカンドショットの練習よりも、ずっと早く効率的にスコアアップできます!

プロの豪快なスイングは、アマチュアにはなかなか真似できないと思います。

しかし、パターだけなら、少しはプロに近づける可能性があると思います!

ぜひ、「ショートゲーム」を自宅で練習して、効率的にスコアアップしてくださいね!
お気に入り
シンマチ

ゴルフ歴 10ヶ月。ちゃんと練習始めて6ヶ月。ついに100切り達成の初心者ゴルファー。トレードマークはヒゲメガネ。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。


フォーティーン RM4 20200916-1016