オーバースイングの治し方 ~そうなる4つの原因を理解しよう~

お気に入り
今日はオーバースイングになってしまう原因をお伝えします。

いろいろやったが治らない。

そんな人は必読です。

どんなんかな?

それではいってみよう!

オーバースイングとは?

トップにおけるシャフトの形の一つのことを言います。

トップでのシャフトの形の理想形は地面と平行になっていることですが、オーバースイングと言われる形は、トップの位置でヘッドが自分からでも見えるぐらい大きく下がっている形を言います。

それと同時に左手首は甲側に折れて左ひじが曲がり、右脇が開いてシャフトクロスの形にもなっています。

振り遅れ、スライス等のミスショットの原因となるために悪い形のトップとされています。

このオーバースイングはどうすれば治せるのでしょうか?

オーバースイングになってしまうのはなぜか?

オーバースイングになってしまうのはなぜか?

getty

よくレッスンなどで

「右脇を締めましょう。タオルを右脇に挟んで右脇を締めましょう。右脇が締まればオーバースイングは治ります」

と言われているのですが、確かにそれができればオーバースイングは治ります。

しかしそれは、ゆっくりの素振りではできても、実際にボールを打つとやっぱりオーバースイングになってしまう。

そういう人がほとんどだと思うのですが、右脇が開いてしまうのにはそうなる前に原因があるのです。

いくら右脇を締めてスイングしようとしても、そうなる原因を理解して治さないことにはオーバースイングは治らないのです。

オーバースイングになってしまう原因

1.腕のローテーション
2.勢いをつけて反動でボールを打とうとする
3.軸の取り方
4.手首の逆ヒンジ

細かい理由は他にもあるのですが、大きく分けるとこの4項目になります。

この4項目の悪い動きがなくなれば、オーバースイングとはさようならです。

かっこいいトップを作ることができます。

上のリンク先のインスタ動画には、ここでいう悪い動きがすべて入っています。

1.腕のローテーション

腕のローテーションというとダウン~インパクトでのイメージが強いと思いますが、バックスイングでも腕はローテーションしています。

オーバースイングになってしまう人のバックスイングは、ローテーションの方向が真逆の動きとなります。

右手基準で説明しますと、オーバースイングになる人は、アドレスからハーフウェイバックの動きの中で、腕が外旋(自分から見て時計回りに腕がねじれること)してクラブがインサイドに入ってきます。

インサイドに入って体の正面から腕が外れ、さらにそこからも外旋し続けトップに向かいます。

深いトップを作ろうとするとインサイドに外れているために内旋(自分から見て反時計回りに腕がねじれること)してしまい、右脇が開いてしまいます。そのためにオーバースイングになります。

シャフトクロスの原因と共通している動きです。

正しいローテーションはハーフウェイバックで少しですが内旋し、そのまま真上に上がる感じでトップに向かい、緩やかに外旋の動きが入る動きとなります。

2.勢いをつけて反動でボールを打とうとする

反動を使ったほうが、ヘッドを速く振ることができる気がするためにテークバックを手で勢いをつけて速く上げてしまう。

そしてトップで体とグリップが近い。

その結果、トップでヘッドの慣性を止めることができずにヘッドが下がり、オーバースイングになってしまうのです。

テークバック~トップの動きはスイングするための振りシロを確保するためにする動作であって、反動をつけるために行う動作ではないのです。

テニスでボールを打つ時にラケットを勢いよく速くテークバックしないですよね?

それと同じイメージです。

3.軸の取り方

俗にいうギッタンバッコンのスイングになることもオーバースイングの原因です。

アドレスからトップに向かう途中で右にスエーしてしまい、完全に右足の真上に軸を作ってしまう。

体の右サイドが伸び左サイドが縮む。

上半身が左に傾いてしまうためにヘッドが下がりオーバースイングになってしまいます。

4.手首の逆ヒンジ

左手首のヒンジがないこともオーバースイングの原因となります。

もしくはヒンジがあっても、トップで逆ヒンジが入ってしまう。

このことがオーバースイングの原因となります。

トップではしっかりとヒンジの動きが入って、左手の親指にシャフトが乗っていることが必要です。

*ヒンジとは、手首が手のひら側に曲がる動きのことで、下のリンク先の別記事で詳しく説明しています。

「手首のヒンジってなんだ? 手首の正しい動きを理解しよう!」

まとめ

まとめ

getty

いかがでしたか? 右脇が開くのがオーバースイングの原因なのですが、そうなる前の体の使い方が右脇が開く原因となっていることが理解できましたでしょうか?

悪い動きを治せば右脇は開かなくなります。……ということはオーバースイングは治ります。

1.腕のローテーションを意識してみる。
2.テークバックをゆっくりと上げ必要以上に深いトップを作ろうとしない。
3.右にスエーしないように、軸を意識してテークバックをする。
4.手首のヒンジを意識して、逆ヒンジの動きにならないように注意する。

この4項目を注意して練習してみてください。オーバースイングは治るはずです。
お気に入り
tetsuxxx5452

ゴルフクラブからスコアアップまでいろいろな情報をお伝えしていきたいと思いますので宜しくお願いいたします。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。