雨の日のゴルフはなぜ難しいか。上級者の雨対策、教えます。
ゴルフ初心者

雨の日のゴルフはなぜ難しいか。上級者の雨対策、教えます。

0

皆さんは雨の日にラウンドしたことがありますか?

雨のラウンドでは普段通りのスイングができません。

球も転がらないので、クラブ毎の飛距離もかなり変わってしまいます。

雨の日に少しでも快適にプレーするためには、どのような点に気をつければ良いのでしょうか?

今日はそんなお話をしてみたいと思います。

1mmの雨でプレーはできるか?

皆さんは降水量によってどのくらいプレーに影響があるのかご存知ですか?

0.5mmであれば、普段通りプレーできます。

1mmであれば傘だけでなんとかプレーできます。

2mmになるとレインウェアが必要になります。

3mmはプロ仕様のレインウェアが必要です。

5mm以上の時は、ゴルフは中止にしましょう。

雨の日のゴルフは何が違うのか

雨の日のゴルフは普段と全く違ってしまいます。

その理由を挙げてみると、

・体が濡れて、ウェアが体にまとわりつく
・グローブが濡れて、グリップが滑る
・眼鏡が濡れて、視界が悪くなる
・傘を差すと、片手が塞がれる
・傘が風で吹き飛ばされて、走って追いかける
・カートに座ると座席がベッチャリ濡れている

他にも煩わしいことがいっぱい出てきます。

そのため、普段以上に心が動揺するのです。

スコアへの影響はどのくらい?

ドライバーのランが出ないので、飛距離が平均10~20ヤード短くなって、2~3打の悪化。

フェアウェイのライが悪いので、ダフったりトップしたりで、2~3打の悪化。

バンカーの砂が固く締まっており、一発で出なかったりホームランが出たりで、2~3打の悪化。

グリーン上で球が転がらず、パットがことごとくショートして、2~3打の悪化。

雨の日は普段より10打ほどスコアは悪化します。

上級者の事前の準備を見習おう

そんな初心者を尻目に、上級者は雨の日も普段に近いスコアでプレーしています。

一体どこが違うのでしょうか。
実は上級者は雨の日はこんな準備をしています。

・レインウェアはプロ仕様のものを選んでいる
・グローブは雨で滑らない製品を選んでいる
・練習段階からレインウェアを着用している
・雨用の帽子はつばの広いものを選んでいる
・傘の骨にはタオルを挟み込んでおく

そしてプレーの時には

・ランが出ないので飛距離を短めに読む
・グリーンは止まりやすいのでスピンで止める
・傘を地面に置くときは先端を風上に向ける

こうしたちょっとした差が大きなスコアの差になって現れます。

皆さんの明日のゴルフのお役に立てれば幸いです。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

雨の日のゴルフはなぜ難しいか。上級者の雨対策、教えます。

カートに追加されました。


×