マネジメントって何だろう
ゴルフ初心者

マネジメントって何だろう

0

ゴルフはマネジメントが大事・・・。

こんな言葉を聞いたことはありませんか?

でもゴルフのマネジメントって、いったい何をすればいいのでしょう。

今日はスコアメイクに直結する、とても大切なゴルフのマネジメントについてお話しします。

マネジメントの本来の意味

マネジメントは一般に経営管理と訳されますが、本来は「馬の手綱を握る、馬を調教する」という意味があります。

「中々言うことを聞かない馬を何とか調教する」という意味が転じて「中々上手くいかない会社経営を何とかやり遂げる」という意味になりました。

ゴルフはミスの連続です。

中々上手く打てないショットを何とかつないでスコアメイクする。

これがゴルフにおけるマネジメントです。

コースマネジメントのポイント

ドライバーで思いっきり飛ばしたい、グリーンを直接狙いたい。ゴルフでは様々な欲が湧いてきます

でもちょっと待ってください。

そのショット、10回打って何回成功させる自信がありますか?

コースマネジメントのポイントは以下の通りです。

ティーショットでは、コースレイアウトを見て、落としどころのリスクを検討します。

グリーンを狙うショットでは、コースコンディション(ライの状況)とグリーン周りのリスクを検討します。

アプローチでは、やはりライの状況と、達成したいレベル(寄せたい距離)を比較検討します。

パットでは、傾斜と芝目、一発で入る確率、次のパットで残すべき距離、上りのラインを残せるかどうかを検討します。

セルフマネジメントも忘れずに

例えばティーショットをチョロした場合、皆さんはどうしますか?

初心者は「次の一打で挽回しよう」と考えます。

そしてティーグラウンドの前の深いラフから3番ウッドで最大飛距離を狙います。

上級者は「一回ゴメンナサイして、次の一打で勝負しよう」と考えます。

ティーショットでチョロしたら、まずはラフからの脱出を考えます。

フェアウェイに戻してから次の一打で勝負するのが上級者です。

林に打ち込んだら、一番広いところからフェアウェイに戻します。

たとえ後戻りになっても、躊躇せずに打てるのが上級者の証しです。

敢えて一歩引くことでトータルのストロークを節約できるのが上級者で、目の前の一打に固執して結果的に無駄なストロークを増やしてしまうのが初心者と言えるかもしれません。

皆さんも自分の心を上手にマネジメントしてみてください。

無駄なストロークがみるみる減ってくるはずです。

皆さんの明日のゴルフのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

マネジメントって何だろう

カートに追加されました。


×