初心者がスコアアップするための真実
ゴルフ初心者

初心者がスコアアップするための真実

0

ゴルフを始めて数年以内という初心者の方、一生懸命練習してもなかなかスコアが上がらない、というお悩みをお持ちの方も多いことでしょう。

巷では「100を切るには!?」なんていう情報がたくさんありますが、実際100を切ることはできたのでしょうか。

実は初心者がスコアアップをするためには重要な事実が隠されているんです。

熟練者やベテランには影響が少なく、初心者になるほど影響が大きな「ある真実」とは・・・。

ドライバーを飛ばす、バックスピンをかける、これは上級者の話

ドライバーの飛距離を求めたり、バックスピンが効いたボールでグリーンで戻る球を打つ。

こういったことは上級者、もしくは中級者以上のゴルファーが狙うべきことです。

さて、飛距離を狙ったりバックスピンを考えると自然と力が入りませんか?
強く打ちたい、スピンをたくさんかけたいと思うと初心者であるほど「力」が入ります。

逆にベテランになればなるほど、自分の打ち方、力加減というものを掴んでいますよね。

初心者がスコアアップにはその「力」が入ること、いわゆる力みと関係がありそうです。

力むとボールは打てるのか?

残り170ヤード、7番アイアンで思いっきりスイングすれば届く・・・。

こんなシチュエーション結構ありますよね。

この「思いっきり」というのがミソで、正直しっかりボールをインパクトできるかどうか、甚だ疑問です。

当然ちゃんと打てるときもあるんですが、力を抜いてリラックスして振り抜いたスイングよりも確率は落ちることでしょう。

むしろ盛大にダフったり、チーピンになったりと、全くピンに近づくことができず打数だけを重ねてしまう。こんな可能性が増えます。

練習場などではナイスショットが打てていてもスコアが出ない方、心当たりはありませんか?

スコアアップしたいならフルスイングを封印してみよう

もちろんフルスイングが悪いわけではありません。

スイングの精度を悪くしているのがフルスイングを狙うときに出る「力み」なんですよね。

ならばフルスイングそのものを封印して、しっかりボールを捉えられる確率を上げてみましょう。

いわゆるクォーターショットなんて言われていますが、ハーフスイングとフルスイングの中間くらいのスイングでボールを打ってみてください。

するとボールの飛距離は多少落ちるかもしれませんが、大きなトラブルの確率はグンと減るんです。

「力まないこと」これが初心者ゴルファーがスコアアップするための真実なんです。

普段の練習から力を抜いてスイング

スコアアップに重要なのは「力まないこと」です。

これを実践するには普段の練習からクォーターショットを心がけましょう。

ある程度の熟練者でも力が入る場面ではミスショットが出ることがあります。

プレッシャーや緊張する場面ながらも飛距離が求められる場面。

そう、ある程度経験を積んだゴルファーでもそんな場面なら力みが起こるんです。

力まず打てば、これくらいの飛距離が出る、という自分なりの基準さえ持っておけば、こうした場面でも、ボールをしっかり捉えることができるようになるでしょう。

力まないスイングを体得できれば、最低限ちゃんとある程度ボールを前に運ぶことができるようになってきます。

初心者の場合、練習場でいいボールが出ていても、コースへ出てバンカー、ウォーターハザードなどの様々なプレッシャーや、打ち出し方向に制限がかかるときなどに力が入ってしまいます。

こうしてショットがバラつき、まともにボールを捉えられず、スコアを無駄に浪費していくんですね。

あれこれ考えるよりもまず「力まず、ボールをしっかり捉えることができる」これを目標に練習を積んでいきましょう。

スコアアップにはまずボールにフェースを正確にコンタクトさせる、これができるように練習あるのみです。

そのためはまず力を抜いてボールを打ち込みましょう。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

初心者がスコアアップするための真実

カートに追加されました。


×