初心者から上級者まで!ハーフスイングの練習が大切です!

お気に入り
初心者ゴルファーは早く上達したいと思い、どうしてもフルスイングに意識を向けてしまいます。

しかしフルスイングには、注意しなければいけないポイントも多くなるので、練習方法として効果的ではありません。

そこでおすすめなのがハーフスイングなのです。

なぜハーフスイングなのか?

なぜハーフスイングなのか?

getty

実は初心者ゴルファーだけの練習ではなく、シングルと呼ばれる上級者であっても、ハーフスイングの練習方法はとても大切です。

なぜならスイングで不可欠なインパクトのイメージトレーニングとして欠かせないからです。

フルスイングというのはハーフスイングの延長なので、インパクトイメージがしっかりしていないと理想的なスイングにはならないのです。

まだスイングが固まっていない初心者にとっては、練習にハーフスイングを取り入れることが、ゴルフ上達の重要なキーワードになります。

ハーフスイングの基本

ハーフスイングの基本

getty

ハーフスイングと言っても、膝から膝、腰から腰と振り上げる高さは様々です。

しかし共通しているのは、インパクトイメージをしっかりと意識することです。

まず5センチのテークバックから5センチのフォローを取るスイングをしてみましょう。

アドレスの状態から何も意識せずにクラブヘッドを後方へ5センチ動かします。

そこで一度静止してからクラブを振り、アドレスの位置を5センチ過ぎた場所で止めます。

もっとも基本的な動きですが、この時に体のどこを支点に体を動かしたのかがとても重要です。

理想的なスイングでは、首の後ろにある出っ張った骨を固定して、両肩が滑らかに回転するような動きになります。

このことを意識して何度もスイングしてみましょう。

手首と両肩で作る三角形

手首と両肩で作る三角形

getty

アドレスを構えると、両肩と両手首で大きな三角形が作られます。

これをいかに崩さずにスイングできるかがゴルフ上達のポイントでもあります。

ハーフスイングをおすすめするのは、ゴルフ上達の大切なキーワードがいくつも隠されているからですが、この三角形をキープするスイングもまた上達には欠かせません。

今度は膝から膝の高さでスイングしてみましょう。

基本動作は何も変わりません。

クラブヘッドが膝と同じ高さになるまで後方に振り上げるだけです。

ここで大切なのは、右手首だけを時計回りに回転していないか注意しましょう。

右手首(右の手のひら)と胸の向きの関係が、アドレスの時とテークバックした時で変わらないようにするのが重要なのです。

腰から腰のハーフスイング

腰から腰のハーフスイング

getty

腰から腰のハーフスイングでも、50ヤードなら十分に飛ばせてしまいます。

つまりゴルフで大切なアプローチショットは、このハーフスイングができているかどうかなのです。

これからゴルフを楽しむ上で何度もアプローチショットを行うはずですが、ハーフスイングができなければ上達しないことが分かるでしょう。

それほどハーフスイングでしっかりとボールを真っすぐに打てるようになることは重要で、だからこそしっかりと練習して欲しいのです。

三角形をキープして滑らかに回転しながらインパクトする理想的なスイングを身につけましょう。
お気に入り
uchidaruma

シングルプレイヤーになって5年 アスリートゴルファー目線の記事を書かせていただいてます

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。