初心者必見!簡単に行けるコース(関東編)とレンタルするものや必要なものについて

お気に入り
ゴルフを始めてみたい、もしくは打ちっぱなしなどで満足していたが、だんだんと回数を重ねていってコースを実際に回ってみたくなった、という人はいませんか?

この記事ではそんな人たちにおすすめのコースやコースに向けての準備をお教えします。

手ぶらで行ける!?おすすめコース

初心者の人には、コースを回りたいと思ってもそもそもコースを回るのに必要な準備ができていないという人が多いです。

しかし、実際に回ってみなければ何が必要なのかわかりませんよね。

なので、今回は手ぶらで行ける初心者向けのコースを3つ紹介します。

川口市浮間ゴルフ場、川越グリーンクロス、丸の内俱楽部、この3つは都心からも電車ですぐに行くことができます。

初心者向けの比較的やさしいコースなので、「初心者だから」と気後れせず、楽しんでプレーできるでしょう。


川口市浮間ゴルフ場
埼玉県川口市飯原町14-1
(最寄高速道路)東京外環自動車道川口西(内回り)・外環浦和(外回り)

楽天ゴルフ

川越グリーンクロス
埼玉県川越市古谷本郷865-1
(最寄高速道路)首都高速道路与野

楽天ゴルフ

丸の内倶楽部
千葉県長生郡長柄町力丸354
(最寄高速道路)首都圏中央連絡自動車道茂原長南

レンタルクラブはどれだけ借りられるの? 単体なのかセットなのか?

レンタルクラブはどれだけ借りられるの? 単体なのかセットなのか?

getty

手ぶらで行けるといってもいったい何本借りられるのか、そしてそれはセットなのか単体なのかは気になると思います。

練習場では1本単位でクラブを借りることができますが、コースではセットで借りるのが基本です。

コースを回る以上はセットで借りなければどうしようもないので、単体で借りることが基本的にはできないのは仕方ないですね。

費用はコースによってまちまちです。

クラブは、ゴルフを長く続けるのならいつかはフルセットを手に入れたいものですが、最初のうちはレンタルクラブを利用するのも手です。

クラブ以外では何が必要?

クラブ以外では何が必要?

getty

クラブをセットで借りてもまだコースに出ることはできません。

他にも準備しなければならないものがいくつかあります。

まず、忘れてはいけないのがボールです。これがないとプレーできません。

最初のうちはなくすことも多くなるので、ゴルフショップなどで安く売っているロストボール(誰かがなくしたボールを集めて洗浄して再販売しているボール)を多めに(1ダースくらい)購入しておくといいでしょう。

それから、シューズやグローブなどはなるべく用意しましょう。

シューズはレンタル可能なところがほとんどですが、グローブはほとんどレンタルされていません。

特にグローブをつけずにコースを回ると、クラブを握る手に必要以上に力が入ってしまい、ミスショットが増えたり、手のひらがぼろぼろになったりしてしまうのでなるべく用意しましょう。

他にも頭部保護のための帽子も重要です。

天気がいい日は、サングラスもあると便利です。

実際にコースを回る時の注意点

実際にコースを回る時の注意点

getty

いざコースを回る、といっても打ちっ放しなどとはかなり勝手が違うので、どのような対処法が必要なのかはわからないと思います。

コースを回る際に大きく練習と変わってくるのは風やそれに伴うOB(アウト・オブ・バウンズの略。コースの区域外でプレーできない場所)の存在です。

ゴルフボールはしっかりした作りですが、打ってみると意外と風に流されます。

なので、何も考えずに打つと簡単にコースから逸れて、OBになってしまいます。

普段はネットなどで仕切られている場所では感じにくいですが、コースで風があると、想像以上に曲がります。

最初のうちはOBの量産も仕方ありませんが、「やたら振り回さない」とか「力み過ぎない」など、人それぞれOBになりにくい打ち方がそのうちわかってくるでしょう。

何事も経験です。がんばってください!
お気に入り
ゴルフ大好き

ラウンドもクラブも試合を見るのもゴルフに関することなら全部大好きです! HC6、ベストスコア68です。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。