ボールにラインを引いていても、パッティングが苦手という人へ。

お気に入り
プロでもアマチュアでも、ボールにラインを引くのは、もはや当たり前になってきていますよね。

でも中には、ラインを引いていても、その効果に疑問を感じている人も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな方へのヒントになるかもしれない、ラインの引き方と、目標への合わせ方についてお話しします。

かえって下手になりました……

かえって下手になりました……

getty

実は、僕は引かない派でした。

というより、一時期ずっと引いていたのですが、いくら慎重にラインをスパットに合わせても、いざアドレスすると、常に違和感を感じてしまうようになってしまったのです。

それからというもの、わりと得意なほうだったパッティングが、まったく入らなくなってしまったのです。

※スパットがわからないという方は、下記リンクを参考にしてみてくださいね。

どんどん悪い方へ……

それから、ラインを引かなくしたり、ボールをわざと適当に置いたりと、いろいろやってみました。

不思議なもので、あれだけ違和感を感じていたくせに、今度はラインがないことに不安を覚えてしまうのです。

自分が打ちたい方向に向けているのか、疑心暗鬼になってしまうのです。

ロングパットはそもそも入れようなんて思っていないので、アバウトに打てて良かったのですが、2メートル以内は、迷いながら打っていますから当然入りません。

引っかけたり、押し出したり。

いつの間にか、「どうせ入らないだろうな」なんて思いながらプレイするようになっていました。

しばらくして、もう一度トライしてみたら……

しばらくして、久しぶりにラウンドする機会があり、スタート直前にやっぱりラインを引こうと思ってマーカーを探したのですが、見つかりません。

そういえば捨てちゃったんだ(笑)。

一緒の友人もたまたま持っていなくて、結局そのままスタート。

1ホール目、たまたま上手く打てたショットが1ピンくらいについて、おはようバーディのチャンス。

その時、タイトリストのPRO V1を使っていたのですが、ラインがないのでタイトリストのロゴを合わせてみたのです。

そうしたら……なぜかすんなり構えられて、バーディスタートでした。

そんなことなの?

そんなことなの?

getty

その日はショートパットもほぼ外さず、久しぶりに気持ちのいいパッティングができました。

その後、しばらくの間あれこれ考え、あれこれ試して、出た結論は……。

「ラインは太いほうがいい!!」

ということでした(笑)。

「そんなことなの?」って思うかもしれませんが、細いラインだと、スパットに対してラインを合わせた際、ちょっとのズレでも気になっちゃうのです。

そうなると、ボールをリプレースするのにも時間が掛かってしまうし、そもそもキッチリ合わせること自体が難しい。

それはすぐに違和感になって、合わせたラインが信じられなくなって、これで合ってるのかな? ってなっちゃうんです。

ところが、ラインが太いと、ちょっとのズレなら気になりません。

けっこう、アバウトにリプレースできるんですよね。

それに、アバウトに置いてるつもりでも、不思議とちゃんと置けてるものなのです。

それが心理的にとてもよくて、それからPRO V1の時はラインなし、キャロウェイのクロムソフトの時は、太いラインを引くようにしました。

大きなポイントをもうひとつ!

大きなポイントをもうひとつ!

getty

スパットをできるだけ近くに見つけること。

できたらボールから50センチ以内、30センチ以内なら尚いいですね。

パッティングラインに対してのスパットを決めたら、そのスパットに対して打ち出したい方向に、もうひとつスパットを見つけるのです。

スパットが遠いと、それだけボールのラインを合わせづらくなります。

近くのスパットなら、あまり誤差なく合わせられますからね。

合わせるのが簡単なので、時間もかからなくなります。

あとはタッチをイメージして、イメージできたら近くのスパットを信じて打つだけです。


パッティングが苦手という方!

太いラインと、近くのスパット、ぜひ試してみてください!
お気に入り
Kenjiiii

千葉の人気コースでキャディやってます( ´ ▽ ` )ノ キャディ目線でゴルフいろいろ話をUPします。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。