方向性のカギを握る!スイング時は左手の親指を意識しよう!

お気に入り
みなさんは、左手の親指を意識されていますか?

ちょっと中・上級者向けな内容になりますが、グリップするときに気を付けるだけという簡単さは誰でも試すことができるポイントだと思います。

左手の親指には、スイングを安定させるための大きな役割が存在します。

今回は、この左手の親指についてご紹介します。

スイングを安定させる

スイングを安定させる

getty

まず左手の親指は、スイングを安定させるのに役立ちます。

これは、主にトップの形で左手親指の腹でグリップを押さえ、ゴルフクラブを支えることで、左手を緩めずに持つことができるからです。

強く握らなくても、安定感が得られ、スムーズなスイングをすることができます。

また、クラブを振り上げてトップに来た時、左手の親指で支えることにより、フェース面の向きを感じやすくなり、ショットの方向性が良くなります。

ショートサムとロングサム

ショートサムとは、左手の親指を締めて、親指の腹でグリップを支える方法です。

サムとは親指のことですが、ショートサムで握った場合、グリップとの一体感を感じやすく、スイングを安定させやすくなります。

ただし、ハンドアップになり過ぎないように注意が必要です。

ロングサムとは、親指を長く伸ばして、親指全体で支える方法です。

ロングサムの場合、手首のコックが使いやすくなるので飛距離を伸ばすことができます。

しかし、逆にハンドダウンになり過ぎないように注意しましょう。

トップでのフェースの向きを感じよう

トップでのフェースの向きを感じよう

getty

トップでは、クラブは左手の親指で支えます。左手の親指に乗せるようなイメージです。

その時に、フェースがスクエアになるようにグリップしましょう。

つまり、トップの時に、左手親指にクラブが乗っていれば、フェースはスクエアなんだということです。

ポイントとしては、クラブを身体の正面で構えた時に、真上から見て親指がグリップ真ん中よりも少し右に来るように握りましょう。

スイング軌道を安定させる左手の親指

スイング軌道を安定させる左手の親指

getty

左手の親指を意識することで、余計な力が左手に入らなくなり、スイングの軌道を安定させることができます。

また、左手主導のスイングを意識しやすくなり、方向性の安定とミスショットの軽減につながるでしょう。

左手の親指は、スイングの良し悪しを大きく左右するポイントであることがおわかりいただけたでしょうか?

握り方や親指の置き方ひとつでスイングの安定性、精度はまったく変わってきてしまうのです。

ぜひ、次回の練習では、左手の親指を意識してみてください。
お気に入り
uchidaruma

シングルプレイヤーになって5年 アスリートゴルファー目線の記事を書かせていただいてます

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。