その握り方、大丈夫?正しいグリップの握り方をご紹介します!

お気に入り
ゴルフを長くプレイしていると、知らず知らずのうちにグリップの握り方が自己流になっている、なんてことがよくあります。

ゴルフ初心者の方からベテランの方まで、いったん自分のグリップの握り方が正しいか今一度確認してみてはいかがでしょうか?

まずは正しくグリップを握りましょう!

まずは正しくグリップを握りましょう!

getty

グリップの握り方は、見られていないようでしっかりと見られています。

初心者の方はグリップの正しい握り方がわからなかったり、握るだけだからと適当に握りやすいように握っているという方もいるかもしれません。

しかし、グリップを正しく握っているかどうかで、見る人が見たらその人の力量を見破ることもできるくらい、グリップは重要なのです。

また、グリップを正しく握っている人のほうが、ゴルフも上手になります。

まずは正しくグリップを握ることから始めましょう!

基本を正しく身に着けると、上達も早いですよ!

グリップの正しい握り方

ここで基本的なグリップの握り方を押さえておきましょう!

まず、左腕の肩と腕全体、手首の力を抜いて腕を下ろします。

次に、力を抜いた状態の左手に沿った形でクラブを握ります。

そして、クラブをアドレスを行う際の位置に持っていきます。

次に右手の添え方です。

まず左手の親指周辺に右手の親指の付け根を添えます。

次に、中指と薬指でそっとグリップを握ります。

最後に右手の手のひらにある生命線を左の親指に被せて握って完成です。

これが基本の正しいグリップの握り方になります。

グリップの位置は大丈夫?

まずはオーソドックスなグリップの位置を確認しましょう。

オーソドックスで正しいグリップの位置は、グリップを握った左手の人差し指と右手の親指の間に間隔を作らず、人差し指と親指の延長線が右肩を指す位置になるようにグリップを握ります。

フック系のボールを出やすくしたい場合は、人差し指と親指の中間の線が右肩よりも右側を指すように握るストロンググリップ(写真左)、フックを防ぎたい場合は、右肩よりも左側を指すウイークグリップという握り方がお勧めです(写真右)。

グリップには3種類! あなたはどれ?

パターの場合を除いて、グリップの握り方には大きく3種類あります。

左手人差し指と中指の間に右手小指を絡めるのが、インターロッキンググリップと呼ばれるものです。

両手の一体感があり、ショットを打った際の方向性に優れているといわれていて、石川遼やタイガー・ウッズがこのタイプの握り方をしています。

左手人差し指と中指の間に右手小指を乗せるのが、オーバーラッピンググリップと呼ばれるものです。

一番オーソドックスなタイプで、ゴルファーの多くの方がこの握り方になります。

野球のバットを握るようにしてグリップを握るのが、ベースボールグリップと呼ばれるものです。

左右の手に一体感が少ないものの、飛距離が出やすい特徴を持っています。

3種類それぞれに特徴があるので、正しいグリップの握り方を心がけ、自分に合うグリップの握り方を研究しましょう!

グリップを正しく握ることは、ゴルフの上達にとても深く関わっています。最初の握り方をしっかりと覚えて、クセのないグリップの握り方を心がけましょう!

基本の握り方をしっかりと確認して、効率的に上達しましょう。
お気に入り
TETSU

月1エンジョイゴルファーです。 社会人になってから会社の上司にいきなりゴルフ場に連れて行かれてゴルフの面白さを知り、それ以来ゴルフ漬けの日々を送っています。 オープンコンペなどにも参加しているのでお友達作りやコンペの楽しさなんかも伝えていけたらと思っています! BESTスコア70

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。