極めよう!ハーフスイングを習得すればスイングが上手くなる

お気に入り
ゴルフの醍醐味は、フルショットの気持ち良さだという方は多いと思います。

そんな方は、細かい距離を打ち分けるときどうしていますか?

例えば、番手間の中途半端な距離の時や、アプローチショットなど。

そういったシチュエーションで必要になるのが、ハーフスイング。

上手いゴルフをするためには欠かせないこのハーフスイング、習得してみませんか?

1.ハーフスイングとは?

1.ハーフスイングとは?

getty

ハーフスイングとは、腰から腰までの範囲で振るスイングのことです。

ハーフスイングの練習をしっかりと行うことで、アプローチショットでの距離合わせや、ライン出しといった、フルスイング以外のショットに応用することができます。

ハーフスイングを練習するメリットは、ボールを手先で打つのではなく、身体の回転で打つ感覚を身につけやすいこと。

特に、30〜50ヤード程度の短い距離をウェッジを使ってハーフスイングで打つ練習では、腕を使わない感覚がつかみやすく、正しいスイング軌道や身体の使い方をマスターするのに役立ちます。

2.ハーフスイングはアプローチの向上に効く

2.ハーフスイングはアプローチの向上に効く

getty

ハーフスイングは、飛距離の微調整が必要な場合に大変有効なショットです。

特に、中途半端な距離を打ち分ける必要があるアプローチショットに重宝します。

フルショットで打つ技術しかない場合、距離の調整は番手の持ち替え等で行うことになりますが、そうすると飛びすぎたり届かなかったりちょうどいいクラブがなかったりと、距離感を合わせることが難しくなってしまいます。

ハーフスイングを習得すると、振り幅で飛距離を調節できるため、飛び過ぎのミスを減らすことができます。

3.ハーフスイングのコツ

ハーフスイングを行うコツは、アドレス時のシャフトの傾き(シャフトプレーン)を意識して、バックスイング、ダウンスイングを行うことです。

ハーフスイングの場合、腰の高さまでクラブを上げて、腰の高さまでフォローを出します。

となると、視界の中でスイングを完結できるため、普段はなかなか意識できないプレーンを意識しやすく、フルスイングにも大いに役に立ちます。


上掲は、ハーフスイングで打つ動画(その1)です。

4.ハーフスイングの再現性を上げる練習のポイント

ハーフスイングで打っていく場合、スタンス幅は肩幅からやや狭めにアドレスします。

手打ちをなくすために、手元が常に身体の正面に来るような状態を意識しましょう。

クラブヘッドが右足の前(右打ちの場合)を通過するまでは、グリップエンドが自分を指すようにし、手元と身体の位置関係を変えてはいけません。

その後は、軸ぶれに気をつけながら、上体のひねりと肩の回転でテークバックしていきます。

ダウンスイングでは、手元が腰の高さまできたら体を捻り戻し、緩やかなダウンブローを意識してインパクト、そしてへそが飛球線方向へ向くまで身体を回し続けましょう。

この時、腕を使っている感覚はほぼ0(ゼロ)となります。

この練習を繰り返し行うことで、スイングの再現性は増していくはずです。

上掲は、ハーフスイングで打つ動画(その2)です。


いかがでしたか?

フルショットは爽快ですが、ハーフスイングをマスターすると、細かい打ち分けが可能になり、戦略の幅が広がるだけでなく、フルスイングもよくなります。

この機会に、ぜひハーフスイングの習得を目指してみてくださいね。
お気に入り
しんたろう

平日自由業ゴルファーです。昔は競技に出ていましたが今は、友人と楽しくラウンドすることが好きです。 こちらでは、自分の経験を元にいろいろなジャンルの記事を書いていきたいと考えています。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。


ゴルフ5初心者バナー