ルールにしたがって正確に戻そう!リプレースとプレースの違い

お気に入り
ラウンド中、頻繁に用いることになるのが「リプレース」のルールです。

ボールを戻すことだと知ってはいても、何となくという方もいるのではないでしょうか。

この記事では、ゴルフのルール、リプレースとプレースについてまとめてみました。

リプレースって何のこと?

リプレースって何のこと?

getty

ゴルフのルールにおける「リプレース」とは、ルールに基づいてピックアップしたボールを、元の位置に正確に戻すことをいいます。

ゴルフのルール上、リプレースが必要な場面というのはいくつもあります。

例えば、もっとも頻繁に使うのは、グリーン上でマークしてピックアップしたボールを元の位置に戻す時ですね。

その他にも、自分のボールであるかどうか拾い上げないと確認できない時や、自分のボールが他のプレイヤーのプレイに影響を及ぼす時などです。

プレースって何のこと?

プレースって何のこと?

getty

ゴルフのルールにおいて、ボールを置く行為を指すもうひとつの言葉が「プレース」です。

リプレースとプレースのふたつは、よく似ていて混同しがちですが、実際には適用される場面がまったく違うため注意しましょう。

リプレースは、ボールを元の位置に正確に戻す行為であると説明しました。

対するプレースは、元の位置と違う場所にボールを置くことです。

例えば、一定の条件下でボールを6インチ動かすことを認めるローカルルールを、『6インチプレース』と呼びます。

マークとリプレースの正しい方法は?

マークとリプレースの正しい方法は?

getty

リプレースをするために、元の場所がわかるようにマーカーで目印をつけることを「マークをする」といいます。

リプレースを前提にボールを拾い上げる時には、正しい方法でマークをすることを忘れてはいけません。

正しいマークの方法は以下のとおりです。
 
(1)ボールマーカーをボールの真後ろに置く
(2)ボールを拾い上げる
(3)ボールマーカーを目印に、ボールが元あった位置に正確に戻す
(4)ボールマーカーを外す

※最近流行っているスクランブル競技など、ダブルスやチームでベストボールを選択する場合、後ろではなく横にマークするケースもあります。

グリーン上でリプレースする際の注意点

グリーン上でリプレースする際の注意点

getty

大半はグリーン上ですが、自分のマーカーが、他のプレイヤーのプレイに影響を及ぼす時があります。

この時、相手プレイヤーからマークをずらしてほしいと言われた場合、正しい処置に基づいてマークをずらしてよいことになっています。

自分から言う必要はありません。場合によっては相手を迷わすことにもなりかねません。

その後、相手がプレイを終え、自分の番になった時、うっかりマーカーを元の位置に戻さずにプレイをしてしまうと、2打のペナルティ(誤所からのプレー)になってしまいます。

正しく、マークを元の位置に戻すことを忘れないようにしてください。

また、マークをずらしてもらった側は、プレーを終えた際「マークありがとうございました」と声をかけて、相手の戻し忘れを防止してあげましょう。


いかがでしたか?

コースに出ると頻繁に遭遇するリプレースが必要な場面。

正しくルールを理解して、違反しないようにしたいですね。

細かい規定はご紹介した以外にもありますので、ぜひチェックしてみてください!
お気に入り
p562p

ゴルフを楽しむ30代男性^ ^ ゴルフの楽しさを皆様にお伝えしていきたいです!

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。


フォーティーン RM4 20200916-1016