スイングの基礎!「ヘッドビハインドザボール」をマスターしよう!

お気に入り
ヘッドビハインドザボールとは? 聞かれたら答えることはできますか?

ビハインドザボールという言葉で覚えている人もいるかもしれません。

ヘッドビハインドザボール(Head Behind the Ball)はスイングの基本ともいえるポイントです。

詳しく見ていきましょう。

1.ヘッドビハインドザボールとは?

1.ヘッドビハインドザボールとは?

getty

「ヘッドビハインドザボール」は、「ビハインドザボール」と縮めて使われることも多く、直訳すると“頭をボールの後ろに”という意味になります。

つまり、インパクト時に頭をボールよりも後方に残すことで効率よく力をボールに伝えることができるという、スイングにおける重要なポイントを表す言葉なのです。

右打ちゴルファーの場合、スイング中に体重移動や速く振ることにばかりに意識がいくと、からだ全体が左に動き、その結果、手も左に出てフェースが開いてしまいます。

これはスライスの原因になり、ボールに力も伝わらないため、頭を右に残す必要があるのです。

これがヘッドビハインドザボールです。

2.ヘッドビハインドザボールを習得するには左目でボールを見る

2.ヘッドビハインドザボールを習得するには左目でボールを見る

getty

ヘッドビハインドザボールの状態を作るには、左目でボールを見る方法が有効です。

ボールを飛ばしたいという気持ちが前に出るほど、体が左へと突っ込んでいきやすくなります。

そこで試してほしいのが、アドレスからインパクトまで終始ボールを“左目で見る”という意識を持つこと。

この方法でスイングをすると、ヘッドビハインドザボールの状態が作りやすくなるほか、スイングにとっていい効果がいくつかあります。

次の項で見ていきましょう。

3.ボールを左目で見るメリットとは?

3.ボールを左目で見るメリットとは?

getty

ボールを左目で見るスイングの一つ目のメリットは、「バックスイングがスムーズになる」こと。

アドレスを取ったときに左目がボールを見ていると、顔は自然とわずかに右向きになります。

顔が右を向くと頭の位置が安定し、テークバックがスムーズに。

結果、スイングが安定します。

メリットの二つ目は、「インパクト時に体が開きにくくなる」ことです。

インパクト時の体の開きを抑え、頭の位置が固定されることで、理想的なヘッドビハインドザボールのスイングを作れるわけです。

4.ヘッドビハインドザボールはすべてのクラブにはあてはまらない

4.ヘッドビハインドザボールはすべてのクラブにはあてはまらない

getty

ヘッドビハインドザボールがすべてのスイングに適用できるかというと、そうではありません。

ポイントは使っているクラブの番手。

ボールの位置が左側にくるドライバーでのショットでは、ヘッドビハインドザボールが正解です。

ショートアイアンなど短いクラブの場合は、ボールをセンターや右に置くのが普通ですから、頭を右に残しながら正しいスイングをすることはできません。

インパクト時の頭の動きは、クラブの種類によってビハインドザボールがいい場合もあれば、変化させないほうがいい場合もあります。

ただし、頭が左に動くほうがいいというケースはありませんから注意しましょう。


いかがでしたか? 安定したスイングを作るヘッドビハインドザボール。実践はできていたでしょうか?

ご紹介したコツもぜひ参考にしていただいて、正しくマスターしてくださいね。
お気に入り
TETSU

月1エンジョイゴルファーです。 社会人になってから会社の上司にいきなりゴルフ場に連れて行かれてゴルフの面白さを知り、それ以来ゴルフ漬けの日々を送っています。 オープンコンペなどにも参加しているのでお友達作りやコンペの楽しさなんかも伝えていけたらと思っています! BESTスコア70

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。