アマチュアゴルファーのアイアンが飛ばない原因とは?
ゴルフスイング

アマチュアゴルファーのアイアンが飛ばない原因とは?

0

しっかりとしたアプローチをするためにもアイアンはきっちり飛ばしていきたいところです。
しかしながら、イメージはプロのショットのようなものが出来ていても、実際は飛ばないというのがアマチュアのあるあるです。
でもそこにはしっかりとした原因があります。
それを知ることで改善につなげていきましょう!

ダウンブローに打てているか?

アマチュアのアイアンが飛ばない理由の一つ目は、ダウンブローができていない点にあります。

よく「最近のアイアンは重心が低いから、レベルブロー(払い打ち)でもオッケー」といいます。

これは、ある意味正しいのですが、あまり意識しすぎると、スイング中のクラブの最下点がボールの手前に来てしまい、ダフってしまいます。

練習場のマットからは“上手く打てている”ように感じるのですが、コースではダフってばかりという人に多い症状です。

クラブの最下点がボールの少し先になるように(インパクトの直後にクラブヘッドが接地するイメージ)意識して、まずは緩やかなダウンブローを心がけてみましょう。

ヘッドが先に出てしまっている!

アマチュアのアイアンが飛ばない理由の二つ目は、ヘッドが先行していることがあります。

ヘッドが先行するとは、インパクトの前に左手首のコックが維持できずに(リリースされて)折れてしまい、すくい打ちのようなスイングになってしまうことです。

こうなるとアイアンのロフトが寝てしまい、弱々しくボールが高く上がるばかりで飛距離が落ちてしまいます。

アイアンでは、この打ち方ではミスショットになってしまいます。

ドライバーでは、同じ打ち方でもナイスショットになってしまうこともあるので、スイングのミスに気がつきにくいのです。

アイアンでは、特に左手首の角度が開放されないように気をつけてみましょう。

そもそもアドレスが間違っていることも?

アマチュアのアイアンが飛ばない理由の三つ目は、そもそもアドレスが間違っている可能性があります。

特に気をつけて欲しいのはスタンスの幅です。

アイアンは番手によってスタンスが変わってくるため、それぞれのクラブに適したスタンスを常にしなければなりません。

もしそれよりも広くなってしまうと捻転が不十分なってしまい、十分なパワーをボールに伝えられなくなってしまいます。

もちろんショットも安定しなくなるでしょう。

適正なスタンスでアドレスし、しっかりと骨盤から前傾することで十分な捻転が出来れば、満足のいく飛距離が得られることでしょう。

体重移動がしっかりできているか?

アマチュアのアイアンが飛ばない理由の四つ目は、体重移動にあります。

アイアンはドライバーほど大きな体重移動を必要としません。

無駄な体重移動をしてしまうことでインパクトが安定しなくなります。

意識的に体重移動をしてしまうと重心がズレてしまいます。

重心を変えないためには、体重移動ではなく、肩をしっかり回すことを意識しましょう。

十分に肩が回れば、テークバックで右股関節に体重が乗ることが体感できるでしょう。

ですので、右の股関節に意識を置いてスイングするとうまくいくでしょう。

インパクトが安定すると飛距離も安定してくるはずです。


アイアンが飛ばない理由はいろいろとありますが、当てはまるものはなかったでしょうか?

もしあれば今すぐにでも改善するようにしましょう。

ぜひ確認してみてください!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

アマチュアゴルファーのアイアンが飛ばない原因とは?

カートに追加されました。


×