ゴルフスイングで大切な「頭を残す」という意味を理解しよう!

お気に入り
ゴルフスイングで大切なポイントである「頭を残す」ですが、この意味を理解するのはなかなか難しいところがあります。

しかしながら、これを理解することでゴルフは間違いなく上達していきます。

知っておいたほうがいいポイントを、ここでは紹介していきます。

頭を残すという意味とは?

頭を残すという意味とは?

getty

ゴルフでは、よく「頭を残す」という言葉を使います。英語では「ヘッド・ビハインド・ザ・ボール(Head behind the ball)」と言います。

スイングの時に頭が動くと、身体の軸がブレてしまい、正しいスイングができなくなってしまいます。

スイングが安定しないとインパクトがズレるのは当然で、それにより様々なミスが起きてしまいます。

この身体の軸がぶれないように、頭を動かさないように意識する。

それが、頭を残すということなのです。

スイングで頭を残す方法は?

スイングで頭を残す方法は?

getty

頭を残すという意味を理解できたところで、その方法も知っておかなければなりません。

スイング中、ボールを見続けることは、軸がぶれないようにするためにもとても大事です。

ただ、それでも頭が残せないっていう方にオススメの方法が、ただボールを見るのではなく、もう一歩踏み込んでボールの見方を工夫してみることです。

では、どのように見るのでしょうか。

スイングで頭を残すことができる目線はここだ!

スイングで頭を残すことができる目線はここだ!

getty

スイングで頭を残すために意識したい目線は左目でボールを見るということです。

位置としてはフェース面が当たるボールの右側を見るようにしましょう。

このポイントを見ることで、正しい軸の位置を保つことができるのです。

少しでも頭が動くとこのポイントを見続けることができなくなります。

たったこれだけで、頭を残しやすくなります。

ちなみにプロゴルファーも取り入れている方法であるため、その効果は実証済みと言えるでしょう。

初心者の方だけでなく、スライスしてしまう方も、ぜひ練習場で試してほしい方法です!

頭を残せるようになると、飛距離もアップし、方向性も良くなります。頭を残したスイングを身に付けて、ゴルフをワンランクアップさせましょう!
お気に入り
REDマン

ゴルフって楽しいそんなことを伝えていきたいと思います。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。