オリジナル目土用スコップを作ってみた

突然ですが……プレーヤーのみなさん目土してますか?

目土は巡り巡って自分に返ってきますから、しっかり目土をしてスマートなプレーヤーとして尊敬の念を込めて見られるようになって、カッコイイゴルファーになってくださいね。

最近はセルフプレーも浸透してきて、お洒落なマイ目土袋を持参して目土している人も多くなってきましたよね。

ワタシも毎ラウンド目土袋持参で時間があれば目土しています。

目土には欠かせないグッズはスコップ

目土には欠かせないグッズはスコップ
以前「ディボットとピッチマークを直して~」(※下記リンク参照) という記事を書いたことがあります(まだ読んでない人はぜひリンクから読んでみてくださいね)。

その際は「目土袋」というグッズにスポットを当てましたが、その際に写真を見て「目土袋に入ってるモノが気になる」という声もいただきましたので、そちらのグッズについてもスポットを当てたいと思います。

目土袋に入っていたのは、皆さんお気づきの「スコップ」です。

目土袋を持って歩き目土をする機会が増えると気になるのが「目土のしやすさ」なんです。

普段目土をすることが仕事のキャディーさんは、「慣れ」もあり、何の気なしにさらっとスコップに砂を取りディボット跡へスムーズに目土をしていきます。

なのであまり気が付かないのですが、実は「スコップ」が目土のしやすさを左右しているのです。

スコップはホームセンターの園芸コーナーでもありますし、最近では100円均一などでも様々なタイプが売られているのですが……。

使ってみるとわかるのですが、一般的に売られているスコップで目土をすると使いづらいのが良くわかるのです。

「先が尖っている」「すくう場所のアーチ」「大きさ」「重さ」「全体の長さ、大きさ」など、ほんのちょっとした違いなのですが、その微妙な違いが目土のしやすさを左右しているのです。

っと……かなりマニアックな話になってきました(笑)。

目土のディープな世界へようこそ!

目土にはスコップが必需品

目土にはスコップが必需品
お洒落な目土袋を手にしてウキウキで目土を繰り返すのは、ゴルファーとしてお洒落な行為に見えますから、もしかしたらモテモテになっちゃうかもしれませんね。

目土にはもう一つ大事なグッズが必要ですよね。そうです「スコップ」です。

もちろん、普通のスコップでもいいんですが、せっかくならスコップもこだわってみようじゃないか! ということで……。

オリジナルスコップを作ってもらいました。

良く見かける目土用のスコップをベースにして、少しだけ長さを足してもらって、好きな色のグリップを入れてもらったのです。

そして実はスコップの先端のカットや角度などにこだわって砂のすくいやすさと砂の埋めやすさも考えてみました。

こんなスコップを使ったらさらに“ターフエイド”したくなっちゃいますね。

オリジナルの目土グッズを使ってお洒落でスマートでカッコイイゴルファーになってみてはどうでしょうか?
お気に入り
まもプ(蝶首亭塗立)

プロなのにプロっぽくない。ペンキ屋なのにペンキ屋っぽくない。食いしん坊のプロペンキ屋としてプロゴルファーとして活動する「二足のワラジスト」なんです。なので、限りなくアマチュアに近いプロ(笑)「すぐ会えるプロゴルファー」です。最近では「蝶首亭(ちょうねくてい)一門」へ入り「塗立」という名前を頂きました。こう見えて(見えないか)海外武者修行や国内外QT出場などの経験もあります。プロらしくないコアなゴルフ情報を中心に記事を書きます。ラウンドベスト-64、ハーフベスト-28(8連続バーディー) http://nisokunowarajist.blog.jp

このライターについてもっと見る >
Cleveland RTX ZIPCORE 200901-1001

カートに追加されました。


フォーティーン RM4 20200916-1016