今日から実践!足踏みスイングでリズム感を作り出そう!
ゴルフスイング

今日から実践!足踏みスイングでリズム感を作り出そう!

0

「うまくスイングができない…」そんな人はもしかしたらスイングのリズムが悪いのかもしれません。

そんな人におすすめしたいのが足踏みスイング。

リズムを刻みながらスムーズに体重移動をすることで、テンポのいいスイングをすることができますよ。

体重移動ができている!

上手なゴルファーは、一定のテンポのいいスイングができています。

実はこの裏には、スムーズな体重移動が関係しているのです。

体重移動がスムーズにできていない人は、テンポが悪く、飛距離もなかなか伸びません。

そこでおすすめしたいのが、足踏みを取り入れた「スイング練習法」。

足踏みをしながらテンポよくスイングをすることで、スムーズな体重移動が身に付きます。

スムーズな体重移動がしたいという方は足踏みスイングを実践してはいかがでしょうか。

足踏みスイングの仕方

「イチ・ニ」というリズムを意識してスイングを行います。

イチのときに右足を踏んでバックスイングし、ニのときに左足を踏んでダウンスイングをしましょう。

リズムに合わせてこれを続けることで、足の体重移動がスムーズにできるようになります。

まずは、素振りから始め、うまく体重移動ができるようになったら、実際にボールを打ってみてください。

序盤は、飛距離よりも体重移動ができているかということに注目しながら練習をしましょう。

アプローチも足踏みを

足踏みスイングは、アプローチの時にも有効的です。

手先だけでボールをコントロールしようとすると、上半身に無駄な力が入り、ミスを連発してしまいます。

そこで効果的なのが足踏みです。

足踏みをして、重心の位置を確認し、下半身にしっかりと力を入れることで力が自然とボールに伝わります。

最初は上手く重心を移動しながらスイングするのは難しいかもしれませんが、練習を繰り返すうちにスムーズな重心移動が可能になるようです。


アプローチ練習いろいろ↓

手打ちに注意しよう!

初心者で体重移動ができていないという人は、「手打ち」になっている場合がとても多いです。

スイングをするときの基本は「下半身リード」。

手だけで打ってしまうと、スイングをした力がボールにしっかりと伝わりません。

切り返しのときに手が先に動いてしまうと、右側に体重が残ってしまいスムーズな体重移動ができなくなるので、下半身を意識しながらスイングをするようにしましょう。


今回は、足踏みスイングについてご紹介しました。

体重移動がしっかりとできたスイングは、飛距離も自然とアップします。

なかなか距離が伸びないという人は、体重移動ができていないことが原因かもしれません。

普段の練習から足踏みスイングを取り入れて、しっかりと体重移動をしてみましょう!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

今日から実践!足踏みスイングでリズム感を作り出そう!

カートに追加されました。


×