初心者はグリップとアドレスの姿勢に注意してショートアイアン中心に練習しよう!

お気に入り
ゴルフにおいて、正しいスイングを身に付けることはスコアの減少につながります。

初心者に多いのは、すべてのクラブが上手くなるように練習をするケースですが、それでは効率が良くありません。

今回は初心者の正しい練習方法についてご紹介します。

練習時のクラブの本数を限定する

練習時のクラブの本数を限定する

getty

ゴルフの初心者はクラブの扱い方がわからずに、練習のときにいろんなクラブで打つことを考える人も少なくありません。

しかし、14本すべてを使ってむやみやたらに振り回しても上達はしません。

重要なのは自分にとって得意なクラブを見つけることです。

打ちっ放しで練習をするときは、ドライバー1本、アイアン3本程度でいいでしょう。

数多くあるアイアンの中で自分の得意な飛距離を見つけて徹底的に極めていくことが上達への秘訣といえるでしょう。

特にアイアンの中でも、8番アイアンからピッチングウェッジあたりのショートアイアンを中心に練習するようにしましょう。

ドライバーは、一応練習には持って行きますが、上手く打てなかったらすぐに止めてアイアンの練習に精を出しましょう。

クラブのグリップの正しい握り方を身に付ける

ゴルフでボールをしっかりと飛ばすには、クラブとボールのインパクトがポイントです。

インパクトがしっかり行えるかは、スイングの前に正しいグリップの握り方を覚えることが重要になります。

一般的なゴルフクラブには、グリップの真ん中にメーカーのロゴマークが印刷されていて、そこが真ん中の基準になります。

握り方はそれぞれの利き腕によって変わりますが、右利きの場合、まずは左手の親指の腹の部分をロゴマークと垂直になるようにします。

右手の生命線に当たる部分で下の手の親指を包み込むように握り込むのが正しいグリップの握り方です。

スイング時に重要となる姿勢を意識する

スイング時に重要となる姿勢を意識する

getty

クラブでスイングをするときに大切なことは、正しい前傾姿勢を保つことです。

膝の角度はあまり曲げ過ぎないように、適度にリラックスした状態にします。

腕は、両腕の力を抜いて、だらんと下げた場所でクラブを握ることが重要です。

鏡の前でチェックしてみましょう。

そして、スイングにおいて最も需要になるのが重心の位置です。

前過ぎるとダフりやすくなり、後ろ過ぎると空振りやゴロ(トップ)の原因になってしまいます。

足の指の付け根に重心を掛けるのが正しい形で、その時に左右両方に均等に体重が掛かっていることがポイントです。

正しいスイングの形を体に染み込ませる

正しいスイングの形を体に染み込ませる

getty

どんなに正しい姿勢を身につけても自己流のスイングではボールが飛ぶ方向が安定しません。

スイングにはビジネスゾーンというものがあり、これを身に付けることでボールの方向を自由にコントロールできると言われています。

ビジネスゾーンとは、スイング中の腰から下の半円部分のことで、ここでのクラブの動きが正しければお金が稼げるという意味で“ビジネス”ゾーンと名づけられています。

ビジネスゾーンを身に付けるためのポイントは、首、膝、腰(骨盤)です。

ボールに向かって首は真っすぐに保つことが大切で、クラブの動きに合わせて顔も一緒に動かないようにしましょう。

スイング中は膝の高さが変わらないように注意し、腰の前傾角度は構えたときの姿勢を打ち終わるまでキープするようにします。

スイングのときは、アドレス時に作った両肩と手首を結んだ三角形を維持するようにするとブレずに安定します。

まずはハーフスイングなどでビジネスゾーンでの正しいクラブの動きと体の動かしかたを確認しながら、徐々にスイングを大きくしていくといいでしょう。
お気に入り
miyazoto39

ゴルフをはじめて15年目に突入しました。競技にもたまに参戦していますが、友人とのエンジョイゴルフが一番楽しい30代男性です。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。