ゴルフスコアの数え方とは?パー、ボギー、バーディー、イーグルって何?

お気に入り

ゴルフを始めて間もないという人は、専門用語の多さに驚く人も多いのではないでしょうか。

特にパー、ボギー、バーディー、イーグルはコースを回ると必ず出てくる用語ですし、カウントの仕方もあります。

ゴルフのスコアは、1打1打数えて数字で表すこともありますが、各ホールごとの決められた打数に対してどうだったかを表す、パー、ボギー、バーディー、イーグルなどという用語でそれぞれのホールごとの成績を表します。

手っ取り早くコースを回れるようにするために、これらの名前の意味やスコアカウントの仕方などを把握しておきましょう!

パーとは?

パーとは?

getty

パー(Par)というのは、ホールやゴルフコースの規定打数のことを言います。

パーは各ホールで設定されており、例えば「Par3」と書かれているところでは3打でカップに入れるというのが基準になり、ちょうど3打で入った場合を「パー」と言います。

同様に、パー4のホールで4打、パー5のホールで5打でカップに入れるとパーです。

パーというスコアの名前は「同じ」という意味で、規定打数と同じ、という意味から来ています。

スコアのカウントは少ない方がいいですが、難しいホールでのパーや、初心者のパーなら嬉しいことが多いのではないでしょうか。

ボギーとは?

ボギーとは?

getty

規定の打数でプレーすることができれば「パー」ですが、それよりも1打多かった、というカウントの場合はボギー(bogey)というスコアの名前になります。

打数が増えるごとにダブルボギー(+2)、トリプルボギー(+3)、あまり使いませんがクァドラプルボギー(+4)、クィンテュープルボギー(+5)となっていきます。

ボギーが増えるごとに心が焦っていってしまいますよね。

ボギーはなるべく増やしたくないところですが、初心者のうちはボギーも仕方ないと考えて気楽にゴルフを楽しむようにしましょう。

バーディーとは?バーディーの名前の意味とは?

バーディーとは?バーディーの名前の意味とは?

getty

バーディーというのは、ボギーの反対で、スコアがパーよりも1打少ない状態のことをいいます。ちなみに、バーディーとは“小鳥”という意味です。

できればどんなホールでも、バーディーでスコアをカウントしたいという人は多いでしょう。

しかし、コースを回っている初心者の方はほとんどの場合、パーからトリプル・ボギーあたりのスコアの人が多いのではないでしょうか。

初心者の人はバーディーは難しいと思います。

また、無理してバーディーを目指していくことで逆にダブルボギー、トリプルボギーを呼び込んでしまうこともあるので注意が必要です。

イーグルとは?どんなスコアのこと?

イーグルとは?どんなスコアのこと?

getty

イーグルとは、バーディーのさらに上を行く、パーより2打少ないスコアカウントのことを言います。

イーグルがマイナス2打(パー3のホールインワン、パー4が2打でカップイン、パー5が3打でカップイン)、ダブルイーグルがマイナス3打(パー4のホールインワン、パー5が2打でカップイン)、トリプルイーグルがマイナス4打(パー5のホールインワン)のカウントです。

ダブルイーグルは別名アルバトロスとも呼ばれています。

ちなみにイーグルの意味は、もちろん“鷲(わし)”のことで、アルバトロスは“アホウドリ”という意味です。

とても稀ですので、見れたらラッキーといえるのではないでしょうか。

トリプルイーグルはほとんどありません。

基本的なゴルフ用語をしっかりと覚えることで、ゴルフに対しての知識も深まりますのでプレーが楽しくなります。

いま以上にゴルフを楽しめるように、パー、ボギー、バーディー、イーグルの名前を積極的に使っていきましょう!

お気に入り
daisuke

学生時代はサッカー一筋でゴルフはおじさんのスポーツだと思っていましたが 20代でゴルフを始めて今ではゴルフにいつ行けるかばかり考えています。 ここでは、自分が聞いたり実践して役に立ったことなどを中心に書いていきたいと思います。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。