ハーフスイングでドライバーのコントロールショットを身に付けよう!

お気に入り
ドライバーでのコントロールショットが、なかなか決まらない。

いつも不安定で、自分でもどこに飛んでいくかわからない。

それを打破して、ティーショットをフェアウェイに運びましょう!

ドライバーの大きいミスが減れば、それだけスコアもまとまりやすくなりますよ。

まずはインパクト時のフェース面の向きを確認しよう

まずはインパクト時のフェース面の向きを確認しよう

getty

ドライバーでハーフスイングをしてみて、自分のショットがどの方向に飛んで行っているのかを把握しましょう。

思い通りの方向に飛んでいるならば問題はありませんが、そうでない場合があります。

ボールは、インパクト時にフェース面が向いている方向に飛んでいきます。

まずは、ハーフショットでしっかりとスクエアにインパクトできているか確認してみましょう。

フェース面を変えず、体の回転で打つようにする

フェース面を変えず、体の回転で打つようにする

getty

フェース面が安定してスクエアな状態でインパクトできるようになれば、ボールの方向生は安定します。

ハーフショットなど“手加減した”ショットほど手打ちになってしまうことが多いのですが、胸の前に両腕と肩で作った2等辺三角形を維持するようにスイングすると、フェース面も暴れず、手打ちにならない、体の回転で打つことを体感しやすくなります。

ショット時のイメージのコツは“胸を回す”ようにしてショットを放つことです。

そうすることで、フェースがぶれにくくなります。

フェースのブレが少なくなると、ミスショットの心配が減り、ショットの方向性が安定します。

ハーフショットで球をつかまえる感覚を覚えましょう!!

ハーフショットで球をつかまえる感覚を覚えましょう!!

getty

ハーフショットでの練習で、球をつかまえる感覚を覚えましょう。

しっかりとフェース面を意識することで、球をつかまえる感覚をつかむ練習をすることができます。

その感覚は、ハーフショットだけではなく普通のコントロールショットでも再現できるように練習します。

フェース面を返したり、手首や腕を返したりしなくても球がつかまることを体感すると、フェース面を返さないで安定して球をつかまえられるようになります。

写真のように、フォローサイドでフェース面が自分の体の傾きと平行になるように振りましょう。

まずはハーフショットでの練習をしっかりとやりこんで、フェース面の安定と球をつかまえる感覚を覚えましょう!

ハーフショットで安定して真っすぐ打てるようになってきたら、フェース面の向きが変わらないように注意してスイングを大きくしていきましょう。

確実なショットは、まずハーフショットで感覚を養いましょう!

確実なショットは、まずハーフショットで感覚を養いましょう!

getty

ティーショットをしっかりフェアウェイに運んで、ホールを有利に攻略したい!

でもなかなかドライバーでのコントロールショットが、思い通りの場所に飛んでくれない……。

そんな時は、ハーフショットの練習を重点的に行うことで、ドライバーのフェースの向きやブレを抑えてドライバーの方向性を良くしましょう。

こつこつと練習して確実なコントロールショットを身に付け、フェアウェイキープ率を高めてスコアアップを目指しましょう!
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >