ショートアイアンの上達に役立つ『スロースイング』とは

お気に入り
スコアアップを目指す時には、ショートアイアンの上達は不可欠です。

そのショートアイアンの上達に役立つスロースイングについて今回はご紹介していきたいと思います。

100切りにはショートアイアンの練習が効果的

100切りにはショートアイアンの練習が効果的

getty

100切りのスコアアップにはショートアイアンの練習が必要です。

ショートアイアンとは、飛距離が比較的短い8番アイアンより短いクラブのことを通常指します。

グリーンを狙うクラブとして操作性が求められるクラブであるため、つい小手先の手打ちになってしまうことも多くあるでしょう。

体の回転を意識したスイングができていないと、ひっかけたり、スライスしてしまったりというミスを誘発します。

そんなときに有効なのが今回のショートアイアンを使ったスロースイングなのです。

スロースイングをしてミスを知ろう!

スロースイングをしてミスを知ろう!

getty

先ほども記載をしましたがショートアイアンは操作性が重視されるクラブです。

手首だけではボールは飛びませんし、方向性も悪くなります。

今回ご紹介するスロースイングは、いつものスイングをスローモーションで行い、それらの動作が正しく行われているか確認するためのものになります。

また、正しい動作を覚えるための反復練習としても有効です。

スロースイングで体を回転させる

スロースイングで体を回転させる

getty

ショートアイアンは手首だけでもボールに当てることができるため、体が回転していない「手打ち」状態になってしまいます。

また、手打ち状態だとダウンブローにクラブを入れることが難しく思った距離が出なかったりすることもあります。

そのためスロースイングで、体を回転させることに意識を集中して正しい動きを覚えるようにしましょう。

スロースイングの練習法のやり方

スロースイングの練習法のやり方

getty

そんなスロースイングですが、ゆっくり振っていくと腕に力が入り過ぎてしまうことがあります。

それを防ぐためにもグリップは通常よりもゆるく握るくらいで腕には力を入れ過ぎないように注意しましょう。

体を回転させるには、下半身の動きが重要なので足裏でしっかりと地面をとらえながら体全体を使ってスロースイングします。

スロースイングの状態を動画で撮影したり、友人に見てもらうことで自分の弱点を洗い出し、徐々に修正をしていきましょう。

ぜひ、あなたもスロースイングで体の回転を使ったショットを習得してみてください。
お気に入り
タイガーマスク

タイガーを見てゴルフを始めました。趣味は中古クラブ屋巡りと、米ツアーを見ることです。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。