あなたは大丈夫?ゴルフ前日の心構えと気をつけたほうがいいこと
ゴルフ初心者

あなたは大丈夫?ゴルフ前日の心構えと気をつけたほうがいいこと

0

気の置けない仲間や友人達とのゴルフ前日は楽しみで仕方ない!

でも楽しいからと言ってゴルフ前日についついやってしまいがちで気をつけたほうがいいこともありますよね。

「わかっちゃいるけど・・・」
というやつですね。では見てみましょうか。

ゴルフ前日に気をつけたほうがいいこと 睡眠不足は厳禁

ゴルフの日程を空けるために、仕事などを追い込んで片付ける、というサラリーマンやフリーランスゴルファーも多いのではないでしょうか。

そうするとついつい睡眠不足に・・・

ゴルフに行くために仕方ないとはいえ、睡眠不足で冴えない頭、さらには疲れが抜けていないなどゴルフを楽しむコンディションではなくなってしまう可能性がありますよね。

せっかくのゴルフなのですから、ベストコンディションでゴルフが楽しめるよう睡眠時間はしっかり確保しておきましょう。

ゴルフ前日に気をつけたほうがいいこと お酒はほどほどに

友人とゴルフの計画をした場合に多いのがこれ。

「0次会だ!」と称して前日の夜にどんちゃん騒ぎ、その結果二日酔いでラウンドすることになり、ゴルフどころではなくなってしまうパターンです。

夜の飲みから二日酔いでゴルフ、ゴルフで酔いがさめたところで、またゴルフの反省会という名の飲み、元気なのは「飲み」のときだけ。

これでは一体なんのためのゴルフなのか分かりません。

楽しい気持ちは分かりますが、ゴルフを楽しみたいなら二日酔いは避けたいですよね。

ゴルフ前日に気をつけたほうがいいこと 準備は前日に

ゴルフの準備は必ず前日に行いましょう。

というのは初心者に限らず、ベテランでも小物の点検やウェアの準備などは前もってやっておいた方がいいんです。

ゴルフは朝早くに家を出ることも多いので、早朝から「ベルトどこいった!?」「ティーが少ししかない!」「ボール足りるかな・・・」と、そんな心配をしてバタバタするのはナンセンスです。

小物やクラブのチェックを兼ねて前日までには準備を行うようにしておきましょう。

さらには着ていく服、ゴルフウェア、着替えも一緒にまとめてバッグに詰めておくくらい万全にしたいですね。

ゴルフ前日に気をつけたほうがいいこと 練習しすぎると・・・

飲み会も断った、しっかり準備もした、「よし、明日に備えて練習だ!」とこれが一番初心者がやりがちなことです。

軽く明日のゴルフに備えて調整程度なら全く問題ないですが、練習しすぎてしまうこともよくあるんです。

練習しすぎてしまうということは、何かがおかしい、と感じているからどんどん練習するんです。

次第に疲労困憊になり、スイングやリズムまで崩してしまいそのままゴルフへ、というパターンが一番の悪循環です。

練習はそこそこに、ゴルフ当日に一番のパフォーマンスができるように調整したいものです。

ゴルフの前日に気をつけたほうがいいこと、貴方は当てはまっていませんでしたか?

準備はしっかり、練習はそこそこに本番のゴルフを迎えられるようにしておきましょう。これもマネジメントのひとつですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

あなたは大丈夫?ゴルフ前日の心構えと気をつけたほうがいいこと

カートに追加されました。


×