初心者必見!超簡単なバンカーの練習方法4選
ゴルフスイング

初心者必見!超簡単なバンカーの練習方法4選

0

バンカーが苦手で、焦れば焦るほど脱出できない…そんな初心者ゴルファーの方は多いのではないでしょうか。

バンカーショットを上達するには1にも2にも練習です。

この記事では、簡単にできるバンカーの練習方法をご紹介します!

1.自宅でできる!バスタオルを使った練習方法

はじめにご紹介するのは、バスタオルを使った簡単な練習方法です。

用意するものは

・バスタオル
・練習用スポンジボール
・サンドウェッジ

です。

(1)バスタオルを4つ折りにし、その上にスポンジボールを置きます。
(2)ボールをバスタオルごと飛ばすように、ショットの練習をします。

この練習では、直接ボール打たず手前を狙う感覚、砂を弾いてボールを飛ばす感覚が養えます。

バンカーショットの基本であるオープンスタンスと開いたフェース向きを意識し、左のかかとの前にボールが来るように構えて練習しましょう。

2.バンカーがない練習場での練習方法

バンカー練習場がない打ちっぱなしの練習場でも、簡単にバンカー練習をすることができます。

練習に使うのは、練習場に備え付けてあるゴム製のティーです。

ボールを地面から2センチ程度の高さにティーアップし、ボールを直接打つのではなくゴムのティーだけを打つというのがその練習法。

ボールを直接狙わずその下の狭いエリアを狙うスイングは、バンカーショットでボールの手前の砂を叩いて砂ごとボールを飛ばすエクスプロージョンショットの感覚を養ってくれます。

3.バンカー練習場でボールを使わず行う練習方法

最初のころはボールがあると、どうしてもすくって打つ意識が出てしまいがちです。

そのため、まずはバンカーショットのイメージをつけるためにあえてボールを使用しない練習が有効です。

画像のように打球を飛ばしたい方向と垂直に砂に線を引きます。

そしてラインが体の中心に来るようにまたいで構えます。

あとは、ラインを消すイメージでスイングをしていきましょう。

1度スイングしたら、立ち位置を少しずらして、ラインが端から端まで全部消えるまで繰り返します。

ラインの数センチ手前から砂がえぐれているとバッチリボールも出ていると思いますよ!

4.ショートコースで練習してみよう

3つの練習方法をご紹介してきましたが、実戦での感覚を養いたい人におすすめなのが、ショートコースの利用です。

コースに出るとどうしても緊張して上手くバンカーを捌けないというような人は、ぜひ検討してみてください。

バンカーショットの上達に一番大切なのは、やはり場数を踏むこと。

自宅や練習場などで基礎的な部分を体に叩き込む練習ももちろん大切ですが、コースに出てゲームの中のワンショットとして打つバンカーショットはやはり別格です。


いかがでしたか?

バンカーショットの苦手をクリアすれば、ラウンドが何倍も楽しくなることは間違いありません。

ご紹介した簡単な練習方法も日常的に取り入れながら、上達を目指してくださいね。


白井ゴルフ林間ショートコース
千葉県白井市根412
(最寄高速道路)京葉道路花輪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

初心者必見!超簡単なバンカーの練習方法4選

カートに追加されました。


×