スイング中の前傾角をキープするための3つのポイント!

お気に入り
芝の上のボールを打つゴルフでは、スイング中に自分とボールとの距離が変わらないということがとても重要になります。

スムーズで安定したスイングを目指すなら、前傾角が変わらない、軸のしっかりしたスイングを目指しましょう。

今回は、前傾角を意識してスイングできる3つのポイントをお話します。

まずは、基本の前傾姿勢から!

安定したスイングを行うには、前傾角がとても重要です。

前傾姿勢を取ってもらうと、半分くらいの方は、骨盤の上、お腹から曲げてしまいます。

背中を丸めるような感じですね。

そうではなく、ゴルフの前傾姿勢は骨盤ごと前傾させます。

なので、その結果、股関節から骨盤、背筋がイメージとしてはまっすぐになります。

そうすると、尾てい骨のあたりから首までが1本の軸になるようなイメージが持てるはずです。

この軸がスイング中とても大事ですので、しっかりイメージしましょう。


※ミシェル・ウィ選手の、終始前傾角の変わらないスイングはこちら↓

次に、バックスイング時の目とボールの距離を意識しましょう!

アドレスでしっかりした前傾姿勢をつくっても、バックスイングで起き上がったり、逆に沈み込んだりしてしまう方がいます。

そんな時には、目とボールの距離を意識する必要があります!

バックスイングからトップの間に、目とボールの距離が離れてしまうと、前傾角が変わってしまいます。

そんな時には、目とボールの距離を意識し、なるべく目を離さないように頭を固定すると、前傾角が変わらないままスイングできます。

また、バックスイングを大きく取ろうとして、体ごと伸び上がってしまう人が多いので、トップの位置を小さくするのも効果的です。

ハーフスイングやスリークォータースイングで打ってみると、前傾角をキープしやすいですよ。

最後に、母指球で身体を支えよう!

View this post on Instagram

Practice round with @davidleadbetter #evian

A post shared by Michelle Wie West (@michellewiewest) on

ここまでの2つを実践してみて、まだ安定しないという方は、もしかしたら踵(かかと)体重になっているのかもしれません。

アドレスの時に、踵で体重を支えてしまっていると、重心が後ろにかかってしまい、スイングの途中で上半身が起き上がり、前傾角のキープが難しくなってしまいます。

そんな時には、母指球(足の親指の付け根のあたり)に体重をかけると、重心が前に行きやすくなって、前傾角をキープしやすくなります。

また、ダウンスイングでも腰を前に突き出すような動きが入ってしまうと、前傾角が起き上がってしまいます。

腹筋に力を入れて切り返してスイングすると、前傾角を保ちやすくなります。

この起き上がりの一切ない踏ん張りが、あのキレの良いショットを生んでいるんですね。

これで、あなたも安定した前傾角をキープできるかも!?

ここまでの3つのコツを意識することで、格段に前傾角が安定するはずです!

前傾角のキープは慣れるまでが大変ですが、もしできるようになったなら、ミスショットの少ない安定したスイングになります。

トップやダフリのミスショットが目立つ人は、ぜひとも上の3つのコツを意識して練習して、安定したスイングを目指しましょう!

ミシェルのように、最初の前傾角度を保ったまま、飛んでいくボールを見てられるようになれたら最高にカッコイイですね!
お気に入り
meison

アスリートを夢見るアベレージ100のゴルファーです。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。