肩の回転で打つ!安定感のあるアプローチショットを身に付けよう

お気に入り
グリーンまでの短いアプローチショットは、なるべくピンそばに寄せたいものです。

けれどそう思えば思うほど乱れるアプローチで、安定感のないショットを連発してしまう、なんてよくあること。

そんなゴルファー必見です! もしかしたらアプローチが安定しないのは肩の回転に原因があるのかもしれません。

どういうことなのか、ここでじっくり見ていきましょう。

ドライバーみたいに横振りになってない?

ドライバーみたいに横振りになってない?

getty

安定感のあるアプローチショットを身に付けるにはまず、スイングプレーンを見ていきましょう。

ドライバーを基本のスイングと考えると起きがちなミスが、体とボールが遠いまま(ドライバーと同じ距離)短いクラブを握ってしまうことです。

スイングプレーンが横振りのままだとフェースの開閉が大きくなります。

すると結果的に、ミスが増えていってしまうんですね。

また肩の回転ではなく腕で振り回すスイングになりやすいので、安定感に欠けるのが欠点です。

アプローチは横振りではなく縦振りを意識しましょう。

短いアプローチ、手首でこねるショットになってない?

短いアプローチ、手首でこねるショットになってない?

getty

アプローチではどうしてもランでなくキャリーで、ボールを高いところから落としたくなるものです。

そのイメージからか手首をこねるように動かすことで、ボールを下から上へ持ち上げる動き、いわゆるすくい打ちをしているゴルファーがいます。

たしかに手首は器用に動きますが、それだけ安定感を出すことは難しいのです。

ちゃんと肩の回転を使って、手首を固めてスイングしたほうがいいアプローチが出やすくなりますよ。

アプローチが安定すれば、結果は勝手についてきます。

小手先で上げるバックスイングはNG

小手先で上げるバックスイングはNG

getty

小さいバックスイングのほうがいいから、と手だけを後方に引いてバックスイングをするゴルファーもいます。

動きの自由度が高い腕や手首を使っているため、バックスイングの再現性が低いんです。

するともちろん動作がブレてきて安定感を出すことはできなくなります。

アドレスからの始動はあくまで肩の回転を使ってバックスイングをしていきましょう。

こちらのほうが再現性が高く、振り幅で距離を変えるアプローチの感覚がつかみやすくなりますよ。

肩の回転を使ったキレイなアプローチをマスターしよう

肩の回転を使ったキレイなアプローチをマスターしよう

getty

アプローチでは

・スイングを縦振りにすること
・肩の回転を使うこと

が大切だということがわかりましたね。

そんなキレイなアプローチを身に付ける練習法は、クラブのシャフト部分を両脇に挟んでスイングするといいでしょう。

クラブが両脇に入ることで、ボールの位置が近くなり、肩の回転しか使えなくなります。

これでまずはアプローチ練習を積み重ねていくようにしましょう。

もちろんこれでは距離は出せませんが大丈夫です。むしろ距離を出そうと力んではいけませんよ。

あくまで安定感のあるアプローチ習得が目標です。横振りから縦振りへ矯正することと、肩の回転を使うことを覚えこませるものです。


いかがでしたか?

ドライバーの飛距離を伸ばすことはものすごく大変ですが、アプローチの精度は練習量次第でどんどん伸びていきます。

寄せワンを連発してベストスコア更新を狙ってみませんか?
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >