グリーンのラインが読めるようになるポイントはこれ!
ゴルフスイング

グリーンのラインが読めるようになるポイントはこれ!

0

グリーンには乗っても、カップになかなか届かない。

ラインを読んでいるのに、カップに嫌われてしまう。

そんな時は、グリーンのラインを読み間違えている場合があります!

初心者の方やアマチュアの方がやりがちなミスや、正しいグリーンの読み方をご紹介します。

グリーンに乗る前にラインを読みましょう!

人間は、わずかな地面の高低差を自力で修正する力を持っています。

ゴルフ初心者の方やアマチュアの方は、グリーンに上がってラインを読む方がいますが、グリーンに上がってしまうとラインの読み方を見誤ってしまう可能性が高くなります。

本当は斜面が上がっているのに下がっていると読み間違えたことはありませんか?

それを防ぐためにも、グリーンに上がる前に少し離れた場所からグリーンを読むことが、ラインの読み違い防止につながります。

ラインを読むときの視線は低い方がいい?

正確なラインの読み方は、低い姿勢が良いとされています。

立った状態のままだと傾斜や細かい凹凸を読み取ることができません。

立った状態でラインを読み、低い姿勢でラインを読むとその違いが判ると思います。

また、ボール越しにグリーンのラインを読むと、正確なラインが読めないことがあります。

その時はカップの反対側からラインを見てみると読みやすいことがあります。

ラインを読む際には、ボールの両側からラインを読むことをお勧めします。

想定カップを定めて、カップの近くにボールを寄せましょう!

想定カップを定めて、カップの近くにボールを寄せましょう!

初心者の方やアベレージゴルファーの方は、スライスラインでもフックラインでもどのように打てばいいかわからない方が多いと思います。

そこでまずは想定カップを設定します。

想定カップは、たとえば上りのフックラインだった場合、上りのまっすぐならどの辺にカップがあるかを考える作業です。

この場合、実際のカップよりやや右で、やや遠くになります。

そして、そのカップ目がけて打つのです。

下りのスライスラインなら、同様に、実際のカップより手前の、左側に想定カップを設定し、そこ目がけて打ちます。

実際にはもっと綿密な読み方をしなければなりませんが、大きなミスは少なくなるでしょう。

まとめ!

グリーンに無事ボールが乗ってくれると、一瞬ほっとします。

しかしここからが重要! グリーンに乗ってからのラインの読み方が勝負です。

本番でグリーンを誤って読んでしまうと、思わぬところでスコアを落としてしまいます。

練習でしっかりとグリーンラインを読む練習をしておきましょう。

大事なことは、

「グリーンに上がる前に、グリーン全体の傾斜を見る」
「低い位置からラインを読む」
「カップ側からもラインを読む」

の3点です。

普段の練習からグリーンのラインを正確に読む練習をしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

グリーンのラインが読めるようになるポイントはこれ!

カートに追加されました。


×