飛ぶのにケガが少ない、パワーフェードの打ち方を知っておこう!
飛ぶのにケガが少ない、パワーフェードの打ち方を知っておこう!
ゴルフスイング

飛ぶのにケガが少ない、パワーフェードの打ち方を知っておこう!

0

よりボールを遠くに飛ばしたいというのは、ゴルファーの夢でもありますよね。

力任せに振っても、曲がってしまっては元も子もありません。

そこで、より飛ばせて、しかも曲がりが少ないボールを打つ技術として、持ち玉にしているプロも多い、パワーフェードという打ち方があります。

その打ち方を知って、より飛んで曲がらないスイングを目指しましょう♪

フェードボールとドローボールとは?

パワーフェードの打ち方の前に、フェードボールとドローボール、2種類のボールの説明をしましょう(右利きを前提とします)。

インパクトの際、クラブフェースの向きが、スイング方向に対してスクエアであれば、ボールはどちらにも傾かずに、きれいなバックスピンをともなって真っ直ぐ飛んでいきます。

フェースが開いた状態でインパクトすると、スクエアな状態よりも右を上を向いたフェースの影響を受けて、右に高く打ち出されたボールが右に傾いた状態で飛んでいき、右に曲がっていきます。

曲がり幅が小さく、コントロールできている状態をフェード、曲がり幅が大きく、コントロールできていない状態をスライスと呼んでいます。

逆に、フェースが閉じた状態で当たると、スクエアな状態よりも左下を向いたフェースの影響を受け、左に低く打ち出されたボールが左に傾いた状態で飛んでいき、左に曲がっていきます。

こちらも、曲がり幅が小さくコントールできている状態をドロー、曲がり幅が大きく、コントロールできていない状態をフックと呼んでいます。

パワーフェードとはいったい何?

先に2種類のボールを紹介しましたが、パワーフェードとはいったい何なのでしょうか。

説明した2種類のボールのち、飛距離が出るボールといったらドローボールです。

ならドローボールで良いのでは?と思われるかもしれませんが、フェードボールの場合、かかり過ぎると飛ばなくなるため、ミスしても大怪我になることが少ないのですが、ドローボールの場合、かかり過ぎると飛び過ぎてしまうため、ミスした時のリスクが高いのです。

そのため、ドローボールと比べても遜色ない飛距離が出るフェードボール、パワーフェードを打っているプロが多いのです。

現に、今年の国内女子ツアーのドライビングディスタンス1位の葭葉ルミ選手、2位の渡辺彩香選手の持ち玉はフェードボールです。

では、その打ち方を説明していきましょう。

パワーフェードの打ち方にはスイング軌道が大事!

フェードボールを打とうと思った場合、スイング軌道をアウトサイドインに振っていき、さらにクラブフェースを開いていました。

パワーフェードの場合は、スイング軌道はインサイドイン、つまり捕まったストレートボールを打つための軌道です。

スイング軌道はストレートボール、そして、若干フェースを開きます。

そのため、ほとんどストレートと呼んでもいいくらいのフェードボールとなります。

より詳しくパワーフェードの打ち方を知ろう!

具体的に例を上げると、100ヤード先のピンに向かって打っていくとします。

曲がり幅を2.5ヤード、つまり約1ピン分曲がるフェードボールとしましょう。

まず、1ピン分左にフェース向きをセットし、スイング軌道はもう1ピン左を狙います。

そうすると、打ち出しはフェース向き、つまり1ピン左に打ち出され、ピン2本分左に向いているスイング軌道に対して、1ピン分フェースを開いているので、2-3ヤード程度右に曲がってくるボールとなります。

このように、常に打ちたい距離の2.5パーセント分左にフェースを向けて、5パーセント程度左にスイングしていくというセットアップが良いでしょう。

そして、大事な注意点としては、インパクト時に手首を使ってフェースをターンさせないことです。

つまり手首の動きを極力少なくし、体の軸を意識したスイングをすることで、逆玉のミスを防ぐことができます。


パワーフェードの打ち方に関しては理解できましたでしょうか?

プロじゃないのだから、そんな精度で打てないよという方もいらっしゃるでしょう。

しかし、ここで大事なのは、理屈を理解した上で、打ってみる事が大事なのです。

練習を続けていれば、持ち玉と呼べるくらいの精度にはなっていくと思いますよ。


パワーフェードといえば DJ(動画)↓

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

飛ぶのにケガが少ない、パワーフェードの打ち方を知っておこう!

カートに追加されました。


×