ゴルフマン【第246話】スタッツ

お気に入り
金曜日のお楽しみ、ゴルフマンの第246話です。

2021年はどんなゴルフでしたか~?

【第246話】スタッツ

【第246話】スタッツ
2021年も終わろうとしています。

今年もありがたいことにたくさんラウンドさせてもらいました。

年末になると必ずやるのが、その年のラウンドの分析。

平均スコアはもちろんのこと、フェアウェイキープ率とかパーオン率、平均パット数とかね。

いろいろな数字があるわけだけど、僕が結構気になるのはリカバリー率。

これはパーオンできなかった時にいかにパーを拾ったかってことなんだけど、これが僕は結構大事だと思っているんです。

だってアマチュアってそんなにパーオンなんてしないじゃないですか。

その時にどのくらいパーを拾えるかってのが、スコアに直結すると思うんです。

パーオンできなくてもパーを拾うってことは、パー4の場合だと2打目でとりあえずグリーン周りまで運んで、そこからアプローチして1パットってことじゃないっすか。

ま、そうじゃない場合もあるけど、だいたいそんなパターンが多いはず。

ってことは、アプローチもそこそこで、パットもそこそこ良くないとパーは拾えないわけですよ。

やっぱり僕の目指すゴルフってのはそういうゴルフで、もちろんミスはするんだけどしぶとくパーを拾っていくゴルフなんですな。
プロゴルファーのスタッツもちょこっと見たりするんですが、当たり前のことなんだけどプロってすごいな〜って思うわけです。

そりゃ平均飛距離とかは当たり前にすごいんだけど、僕が一番驚くのは平均パット数ですよ。

僕の平均パット数ってだいたい1.8前後なんですね。

僕はけっこうパットが得意なほうなので、この1.8ってのもアマチュアとしてはまあまあ良いと思うんですよ。

でもね、これ全ホールの平均パット数なんです。

3オンだろうが4オンだろうが、とにかく全ホールのパット数の平均。

ってことは、グリーン周りからアプローチが寄って1パットってのももちろん入っているんです。

でもね、プロの平均パット数って、パーオンした時だけの数字なんです。

それがプロだとJLPGAで1.755、JGTOは1.734ですよ!

いや〜これは本当にすごい!

もちろんパットもめちゃくちゃ上手いのでしょうが、ショットの精度も高いってことでしょうね。

僕も頑張って平均パット数1.7台を目指したいです〜(パーオン時じゃなくてね)。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >