ゴルフ腱鞘炎とは?原因と対策方法

お気に入り

ゴルフが原因で腱鞘炎になるってご存知でしたか?

たかが腱鞘炎と甘く見ていると、大変なことになりますよ。

そうならない為にも、しっかりと正しい知識を身に付けましょう。

ゴルフを楽しむのは腱鞘炎が治ってからでも遅くはないですよ。

なぜゴルフが原因で腱鞘炎になるのか?

ゴルフを毎日やっているプロゴルファーは日々のケアやトレーニング、正しいスイングなどにより腱鞘炎を防いでいます。

アマチュアの場合、スイング中軸がブレると、中心を維持しようと手首などに力が入ってしまいます。

ボールに100%伝えたいはずの力が、インパクトの瞬間に手首や掌、肘などに返ってくるので、それだけ衝撃を受けていると言うことになります。

更に練習場は芝で打つプロ違い、だいたいがコンクリートなので、その分負担がかかってしまいます。

また、練習では100~200球でも、実際にプレーすると更に上回っていると言うことも原因の1つと言えます。

腱鞘炎を防ぐ事も可能?

腱鞘炎には2種類有ります。

一つはドゥケルバン腱鞘炎。もう一つはバネ指です。どちらも練習場で自己流で練習してしまうのが主な原因と言えます。

ゴルフ腱鞘炎になるのを防ぐには、スイングから見直しましょう。

グリップを握る際は、優しく握るのが鉄則です。グリップにタオルを巻いて握ってみるのもおすすめです。

スイングはスポンジボールを打つように軽くスイングするように心がけましょう。

また、握力が弱いとそれだけでも手や手首に負担がかかります。是非、握力を鍛えてみて下さいね。

腱鞘炎になってしまったら

プレー後に痛みや腫れが合った場合には、患部を冷やしてみましょう。痛みがとれたら今度は暖めてみて下さいね。

それでも悪化してしまった場合、ゴルフ腱鞘炎に一番効く治療法は、ずばり安静です。

痛ければゴルフクラブが持てないし、握れません。それでも痛みに耐えてスイングなど練習したら、取り返しのつかない事になります。

とにかく安静にするか、スポーツ整形外科でゴルフ腱鞘炎の治療を出来る専門家に、治療してもらうという手もありますね。

たかが腱鞘炎と甘くみないのが重要

それでも腱鞘炎の痛みに耐えて、安静にせずゴルフの練習を続けると、痛めた部分を無意識にかばうスイングになってしまいます。

その結果、腱鞘炎は治っても元のスイングに戻せなくなってしまうことも。

どうしてもクラブが握りたい、気がすまないという人は、片手で握って練習してください。

両手だと痛みが出ますが、片手なら出ないでしょう。無理をし続けると、ゴルフどころか日常生活にも支障をきたしてしまいますよ。

一番の予防は症状が現れたときは安静にして、治ってから存分に練習しましょう!

もちろん、負担を掛けてしまったと思ったら、その後のケアも忘れないで下さいね。

お気に入り
eccooo

アマチュア競技にちょこちょこ参加している、なんちゃって競技ゴルファーです。

このライターについてもっと見る >
フォーティーンDJ4bk_191209-200131

カートに追加されました。


フォーティーンDJ4bk_191209-200131