あなたならどうする?目玉バンカーから脱出する方法!

お気に入り
入れたくないバンカーに入ってしまった時の、あのガックリ感。

そして、それが良いショットであればあるほど、バックスピンがしっかり効いていて目玉(砂の中にボールが埋まってしまっている状態)になりやすいとされています。

目玉になってしまっている自分のボールを目の前に、あなたは何を考えますか?

目玉バンカーとはいったい何?

目玉バンカーとはいったい何?

getty

まずは、バンカー内の目玉という状態が、どのようなものなのかを説明していきましょう。

目玉とは、砂の上にボールがあるのではなく、ボールが砂に突き刺さってしまい、埋まってしまっている状態を言います。

その様子が目玉焼きのように見えることから、そう呼ばれるようになりました。

普通のバンカーとは打ち方が変わってくるため、とても難しいショットになります。

目玉になってしまったら、まずは脱出を優先に考えます。

そのための最適な打ち方を紹介していきましょう。

まずは、オーソドックスな打ち方から!

最初は、基本的な打ち方をご紹介しましょう。

まず、スタンスは通常のショットのように、目標に対してスクエアに構えます。

砂の中に埋まっているボールの、さらに下にフェースを届かせないといけないので、フェースは開きません。

そして、ダウンスイングでは、ボールのやや手前に、リーティングエッジ(フェース下部の刃のような部分)を打ち込んでいきます。

そして、フォロースルーは考えず、砂に潜らせて終わりくらいの感じでいいでしょう。

いつもより強く叩く必要がありますが、この方法で低くて転がる球が出ていくことでしょう。

テクニックを使って、より上手く脱出していこう!

続いての打ち方は、目玉バンカーならではのテクニックを使った打ち方をご紹介します。

まず、スタンスはやや広めにし、スクエアに構えます。

ここがポイントなのですが、通常のバンカーショットの場合、クラブのリーディングエッジを45度程度オープンになるようにセットします。

しかし、目玉の場合はその逆、45度程度クローズにセットします。

そして、ボールの位置はスタンスの真ん中よりもやや左。

あとは、前述のように、ボールの手前にクラブを打ち込んであげれば、かんたんに脱出する事ができます。

ただし、打ち出しはやや低めで、ランの出るボールになります。

ぜひ、バンカー練習場で試してみて下さい。オススメです。

上掲はPGAティーチングプロ Yuichi Naruge さんの目玉バンカーショット!(動画)

両方の打ち方をマスターして目玉バンカーを攻略!

両方の打ち方をマスターして目玉バンカーを攻略!

getty

目玉バンカーを攻略するための打ち方として、2つ紹介しました。

どちらが正解ということはありません。

ケースバイケースで使い分けることができれば、より目玉バンカーの攻略に近づきます。

難しいショットだからこそ、上手くいったときの喜びは大きいでしょう。



目玉バンカーからの脱出方法、ご理解いただけましたか?

打ち方がわかっていれば、寄せることは難しくても、1発で脱出することは十分可能です。

目玉バンカーから華麗に脱出して、同伴者の目玉も飛び出させてしまいましょう!
お気に入り
Fagio

学生時代からゴルフをやっているにもかかわらずエンジョイゴルファーのまま今に至ってます。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。


フォーティーン RM4 20200916-1016