【最高難度】グリーン奥からどう攻める?最悪を想定したアプローチが必要です

イカわたのホイル焼きにハマってます!

どうも~ノザです!

今回は、「グリーン奥からのアプローチ」をテーマに書いていきます。

グリーン奥からのアプローチ……想像しただけでゾクッとします。

ゴルフの基本はやはり手前から。ピン位置によりますが、セカンドショットが乗らなくても手前のフェアウェイなら僕は良しとしています。

奥だけは絶対に行かないよう、常に選ぶ番手も1つ下げていますしね。

しかし風に乗ったり、イレギュラーなバウンド、または思わぬランが出たりして奥に行くこともあります。そうした時……僕はいつも覚悟します。

なぜなら最悪なライに決まっているからです!

ということで、今回はグリーン奥に行った時の僕なりの対処方法を書いていきたいと思います。

グリーン奥からは基本的に「最悪」です

グリーン奥からは基本的に「最悪」です

getty

まずはなぜグリーン奥のアプローチショットが最悪なのか?

簡単にポイントを書くと、3つあります。

・OBラインが浅い
・逆目が多い
・グリーンに乗っても下りの傾斜

以上にような要素がグリーン奥からは想定できます。

やさしいライの想定ができないのがグリーン奥のライ。難易度は最高クラスだと思っています。また心理的にも難しい状況なんですよね。

目の前にグリーンがあり、そしてピンも見えている。

気持ちとしてはエサを目の前に置かれている獣の状態。欲が先行し、体がいつものように上手く動かない。

結果を確認したいためにヘッドアップというミスも起きやすい状態。

ライの難しさ+メンタルな部分でも調整が必要。まさに最高難度だと思います。

そのため、どのレッスン雑誌やレッスン番組でも、ゴルフは「手前から」と言われているのです。

難しいライに直面せず、少しでも楽なライからプレーしていくためです。

ラフに沈んでいても順目なら通常のアプローチ

ラフに沈んでいても順目なら通常のアプローチ

getty

グリーン奥のラフに沈んでいるけど、順目のアプローチならまだ救いはあります。順目なら芝の抵抗は少ないので、クラブヘッドも滑ってくれます。

僕としては、ほぼ通常のアプローチショットで対応しますが、唯一気にする点はしっかり打つこと。順目とは言え沈んでいるので、緩めるとちゃんとしたインパクトができない。

それに下りの傾斜が残るので、ある程度スピンも効かせたい。

フェースを少し開いて、バウンスで滑らせながらしっかり目に打つ。これが意識しているポイントです。

ラフに沈んでいて逆目な場合は最悪を想定する

ラフに沈んでいて逆目な場合は最悪を想定する

getty

ラフに球が沈み、かつ逆目のライ。さらにはピンまで下りでピン自体2メートル先に切ってある。これはもう最悪と言っていい状況です。

起きうるミスとしては、ピンが近い&下っているため、やさしいアプローチをしてしまうこと。これで起こる最悪の想定は、1発で球がラフから脱出しないことです。

無駄な1打を使うことになる。次のショットも状況は変わらないので同じことを繰り返すか、やけになって強くクラブを入れて大オーバーになるかのどちらかです。

本当に難しいショット。

僕ならピンに寄せるとかは諦めて、オーバーしても良いから逆目のライから脱出することを第一に考えて打ちます。それでオーバーしてそこから2パットなら御の字。3パットでも良しとします。

最初にグリーン奥の逆目に運んだ時点で、こうなることを想定してなければならない。なのでたとえそうなっても心の準備はできてるかな。

とは言え、思い切って出すのも勇気がいります。オーバーしても仕方ないと考えても、やっぱり欲が出て緩んでしまう。

そもそも逆目なのでしっかり球にコンタクトするかも難しい話です。

フェースを立てて転がそうとすると逆目の芝の抵抗をモロに受けます。転がそうとせず、フェースを開いてなるべく芝の抵抗を減らした打ち方のほうが良いと思います。

威勢良く思い切って打ちます。フェースが開いているのでしっかり当たってもそこまで飛ばないですしね。

怖いのは、緩めてしまいクラブが芝の抵抗に負け跳ねる。リーディングエッジに球が当たり、トップのような球が出るのでここも注意です。

まとめると、オーバーしてもやむ無し! と覚悟し、フェースを開いてしっかり振る! です。

勇気が試されるショット。難度が高い上にプレッシャーもあり、ピンが近くにあるだけに欲との勝負にもなる。緩めず打ち切りましょう。

やはりグリーン奥はリスキー! 手前から打っていこう

やはりグリーン奥はリスキー! 手前から打っていこう

getty

書き進めれば進めるほど、絶望的なアプローチです。木の間をすり抜ける、水切りなど特定のトラブルショットを数に入れなければ、最低最悪のライです。

とにかく奥からのアプローチは絶対にダメ。手前手前から狙っていきましょう。

昔の僕はよくやらかしていました。ピンデッドに憧れ、またアイアンもマッスルバックに変えたため、とにかく距離ぴったりを打っていたのです。

しっかり芯に当たらないので大きめを持つと結構良い当たりでグリーン奥。ぴったりの番手を持てばフォローに押されてグリーン奥。

僕のやりがちパターン。そこからは地獄絵図です。

ゴルフの基本的な部分ですが、行っちゃいけない所には絶対に行かせない。このことがわかるだけで一気に100切りに近付きます。

当然グリーン奥は行ってはいけない所。何がなんでも届かせてはいけない。

日本のゴルフ場は受けグリーンがほとんどなので、手前から攻めればグリーンに届かなくてもフェアウェイ。上りのパットも打てるので難易度はかなり下がる。

ということで、くれぐれもグリーン奥にだけは行かせないように。仮に行ってしまったら、覚悟を決めて振り切る。

それではまた!
お気に入り
クリーブランドRTM FULL-FACE 210621-721

TOPページへ >

TOPページへ >

プロギアバナー210617-27
クリーブランドRTM FULL-FACE 210621-721