「寄せワン成功の3つの極意!」~奥深いゴルフの真髄!

お気に入り
ゴルフでは、寄せワンを取ることができれば確実にスコアは向上します。

しかし、アプローチの技だけで寄せワンでパーを拾うことはできるでしょうか? 答えは否です。

寄せワンでパーを拾うには、様々な状況判断がとても重要になります。技を習得したら、すぐに寄せワンが増える……そんなにゴルフは甘くはありません!

今回は、寄せワン成功の極意について考えます。

寄せワンは、グリーンを狙うショットが外れた場合に狙うものだと思っていますか?

寄せワンは、グリーンを狙うショットが外れた場合に狙うものだと思っていますか?

getty

「寄せワン」とは、グリーンを狙ったショットが、グリーンに乗らずに外した時に、寄せてワンパットで入れることですが、そもそも「寄せワン」とはグリーンを狙って外れた場合たけでしょうか?

何を言うのですか? 当たり前でしょう、と言われるかもしれません。

しかし、プロのようにピンを狙って、バーディを取るゴルフが当たり前であれば、それもあるかもしれません。

しかし、アマチュアの場合は、そもそもパーオン率も低く、たまに乗れば良いというゴルフです。

万が一グリーンに乗らない場合のことを考えたり、グリーンの手前に大木があって直接グリーンを狙えない場合などには、あえてグリーンを狙わずに、寄せワンでスコアを作っていくこともあるはずです。

それがアマチュアのゴルフではないでしょうか。

これこそが、グリーンを外れた場合の寄せワンではなく、最初から寄せワンを狙うということなのです!

「寄せワン成功の極意~その1」すでに2打目を打つ時から始まっている!

「寄せワン成功の極意~その1」すでに2打目を打つ時から始まっている!
前述のとおり、グリーンを狙って外れたケースの寄せワンを目指す場合も、最初から寄せワンを狙うケースも、外す場所が問題となります。

これが、寄せワンの極意~その1です。2打目を打つ前から寄せワン成功の可否は、すでに始まっているということなのです。

「ショットが曲がり、外れてしまった」のか、「最初から寄せワン狙いで、グリーン手前の安全なところを狙っていく」のか、いずれの場合でも、寄せワンが狙いやすい場所がターゲットになります。

傾斜が強い場所や、上からのアプローチを強いられる場所、バンカー越えのアプローチをしなければならない場所は、最初から寄せワンが難しい場所で、絶対に行ってはいけない場所になります。

寄せワンでパーを狙うということは、スコアを作っていくということです。そのためには、決して無理をしてはダメだということです。

ピンを狙ってバンカーに入ったら、どのようなライになるかわかりません。仮に上手く出せても、寄せワンは厳しくなるでしょう。

とにかく、寄せワンでもパーを取りたいと思ったら、あえてグリーンに乗せない勇気も必要です!

「寄せワン成功の極意~その2」は、アプローチはピンを見ることではない!

「寄せワン成功の極意~その2」は、アプローチはピンを見ることではない!
さあ、寄せワンを狙うアプローチの場所にやって来ました!

ここで、皆さんはピンに寄せたい、と思うことでしょう。一応、どんなアプローチをするかということぐらいは考えると思います。

皆さんの目はピンしか見ていない、違いますか?

どのアプローチでピンに寄せるかを考え、ピッチショット、ピッチ&ラン、ランニングなどの各アプローチで一番可能性が高いものを選ぶことでしょう。

しかし、アプローチでピンに寄せるためには、ピンだけを見ていては、絶対に寄りません。

特に、ピッチショットでスピンをかけて止めるアプローチならともかく、ピッチ&ランやランニングなどの足を使うアプローチでは、キャリーがグリーン面に落ちた後、球がどのように転がるのかをイメージしないと、ピンに寄せることはできないということです。

特に、グリーンに近づく前から、全体のグリーン周りの状況を把握して、球があると思われる場所とピンがどんな位置関係になるのかを見ておきましょう。

こうすることで、球がある場所に行ってから、ピンに対して位置関係がどのようになっているのかを即座に判断することができるでしょう!

一般的に、横のラインからのアプローチは大きく切れると考えるべきです。傾斜の強いグリーンの場合はなおさらです。このようなグリーン周りでの寄せワンアプローチは要注意です。

この、球が転がるイメージを持つことができるかが、寄せワン成功の極意~その2です。

「寄せワン成功の極意~その3」寄せワンとなる次のパットラインを考える!

「寄せワン成功の極意~その3」寄せワンとなる次のパットラインを考える!

getty

寄せワン成功の極意~その3は、ワンパットで入れるためのパットのラインを考えることです!

これは、極意その2で述べた、ピンまでのラインを読む延長線の話です。

アプローチをできるだけ近い距離に近づけることがベターですが、少しぐらい近くても、傾斜の厳しい横からの曲がるラインだったら、外す可能性も高くなります。

寄せワンのパットについては、上りのほぼストレートなラインが理想です! 上りであれば少しぐらい距離が残っても、しっかり打って入る可能性があります。

少し近くても、下りのラインや傾斜の強い横からのラインは、とても難しいパットになるので、できるだけ避けたいところです。

このパットの残し方が、寄せワン成功の極意の1つになります。

上級者はパットを上手いので、難しいラインもしぶとく入れて来ます。何とか狙えるラインに残すように、グリーンを読んでアプローチをしましょう!
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516