ドライバーも!アイアンも!ショットの上達には左手が重要!

お気に入り
ゴルフスイングには、左手の使い方がとても重要になってきます。

左手を意識しながら打っていますか?

自分の動きを確認してみましょう。

スイングでの左手の役割と重要性

スイングでの左手の役割と重要性

getty

ゴルフのスイングでは左手の使い方がより重要になります。

しかし、右利きの方が多いので、右手に頼り過ぎてしまうことが多くなってしまうのが事実です。

正しい左手の使い方を身に付ければ、確実にショットが上達しますよ!

コックが早くほどける、打ち込みに行く時に右肩が前に出てしまう、などのミスショットは左手の使い方が正しくないために起こります。

左手の使い方を意識して、正しい動き方を身に付けていきましょう。

アイアンでも飛距離が伸びる左手の使い方とは?

アイアンでも飛距離が伸びる左手の使い方とは?

getty

左手の使い方の感覚を養うために、うちわを利用するのが有効です。

左手はストロンググリップ(※)を意識して握ってください。

次にうちわの面は目標方向に真っすぐ向け、両ひじがきちんと下を向いていることを確認してスイングを始動しましょう。

最初の30センチは飛球線と平行にうちわを引き、その後、徐々に左腕を時計回りにローリングさせてトップの形まで持って行きます。

この時、トップではうちわの面は空を向いている状態です。

そこからフィニッシュに向かって左手を反時計回りにローリングさせて完成です。

これが身に付けば、インパクトが分厚くなります。

ドライバーはもちろん、アイアンでも飛距離が伸びるでしょう。


※ストロンググリップについては、以下の記事が参考になります。

「スライスからの脱却!ボールがつかまるグリップを身につけよう!」

何事もやり過ぎに注意しよう!

何事もやり過ぎに注意しよう!

getty

この練習をする際、左手のグリップを極端に上から握る人がいます。そうすると、ボールが引っかかりやすくなります。

あまりやり過ぎると、飛距離が出るよりも左へのミスが多く出るようになりますので注意が必要です。

この感覚は、人によって異なってくるところだと思いますので、練習場で調整しながらスイングをすることが重要です。

写真のプロ(ダスティン・ジョンソン)は極端ですが、トップでフェースが空を向かない人は、このくらい大げさにやるつもりで練習してみましょう。

まとめ

まとめ

getty

ゴルフでは、「右手はハンドル、左手はエンジン」の役割をします。

なので、飛距離を伸ばしたいのなら、左手の使い方が重要となってくるという訳ですね。

そして、無事インパクトゾーンまで来ると左手の使い方としては終わりです。

正しい動き方を身に付ければ、例え小柄な女性でも飛距離を伸ばすことは可能です。

最初は少し大げさにやるくらいで、きっとちょうど良くなります。

違和感があるかもしれませんが、それに慣れるまで続けてみてください!
お気に入り
eccooo

アマチュア競技にちょこちょこ参加している、なんちゃって競技ゴルファーです。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。