新・貧打爆裂レポート『G425 アイアン』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年9月18日に発売されたピンゴルフ『G425 アイアン』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。ピンゴルフの新しいアイアンの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

『G425 アイアン』はピンの歴史を凝縮させている!

『G425 アイアン』はピンの歴史を凝縮させている!
『G425 アイアン』は、ピンゴルフが2020年9月18日に発売したクラブです。

『G425』シリーズのアイアンは『G425 アイアン』一つだけです。幅広いゴルファーが打てるようなアイアンなのかもしれない、と想像させます。

“キャビティを超えた飛びとパフォーマンス”というコピーのアイアンです。

【試打クラブスペック】
ヘッド ハイパー17-4ステンレススチール
シャフト N.S.PRO MODUS3 TOUR 105(S)
ロフト #4/20.5度、#5/23.5度、#6/26.5度、#7/30度、#8/34.5度、#9/39.5度、PW/44.5度、UW/49.5度、SW/54度
価格(税別)1万8000円

『G425 アイアン』で特に注目する点は、フェースに新素材を使うことが当たり前になっている2020年のトレンドの中で、「17-4ステンレススチール」という古典的な素材を使いながら長年の蓄積で充実した鋳造技術を駆使して、最大のたわみを生み出したということです。

重量をヘッドの周辺に最大に配分したことで、ミスヒットに強くなって、ブレずに狙ったところに飛ぶようになって、ワイドソールで、低重心化と安定した結果を導くとのことです。

『G425 アイアン』は、新素材に頼らず、今までの技術を集結して、最高を目指したアイアンということになります。

これは面白いです。ある意味で、ピンゴルフの意地と底力を感じさせます。

『G425 アイアン』は、構えやすいアイアンです。まず、良い点は、番手ごとの統一感があることです。機能美を感じさせます。

個人的に、いわゆるピンゴルフ特有のフェース形状を好きだとは言えないのですが、それでも、アドレスするとスッと目標に構えやすいと思いました。グースの付け方が上手なのです。

また、ヘッドを持った時の質感は、スペシャルで、気持ちが良いです。

『G425 アイアン』はオートマチックに攻略するゴルファーに!

動画を見てください。

『G425 アイアン』をコースで打ってみました。

打音は、おとなしめの音量で、残響がない湿った音質です。ハイブリッドのような雰囲気の音質は、好みが分かれますが、柔らかい打ち応えとマッチするところは好印象でした。

良いと思った点は、けっこう敏感に手応えが伝わるところです。

ロフトはおとなしめの設定ですが、ロフトよりもキャリーが出ると思いました。

『G425 アイアン』は、ミドルアイアンは飛ぶチューニング、ショートアイアンは飛び過ぎないようなチューニングになっているようで、コースで使っていて、ノーストレスで楽しかったです。

スピン性能は、普通の上という感です。ミドルアイアンでワンピンぐらい、ショートアイアンは、その場で止まろうとしました。いずれも、高弾道のボールが出ることとの相乗効果だと思われます。

『G425 アイアン』は、オートマチックに、狙い通りにボールを打ちたいゴルファーにオススメします。

腕前にかかわらず、試打をしてみて、高弾道になるゴルファーなら使えるところもオススメのポイントです。

感性を重視し、打感の良さなどを求めるゴルファーには合わないかもしれませんが、『G425 アイアン』は高性能で、平均点が高いアイアンです。

飛距離性能の高さばかりが評価される昨今。『G425 アイアン』は、それだけではないということを主張しているクラブです。
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516