新・貧打爆裂レポート『G425 MAX ドライバー』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年9月18日に発売されたピンゴルフ『G425 MAX ドライバー』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。新しい『G シリーズ』のドライバーの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

『G425 MAX ドライバー』はワクワクさせる!

『G425 MAX ドライバー』はワクワクさせる!
『G425 MAX ドライバー』は、ピンゴルフが2020年9月18日に発売したクラブです。

“進化した3つのポジションで さらに叩いてもブレない”というコピーのドライバーです。

【試打クラブスペック】
ヘッド素材 811チタン合金
フェース T9S+チタン合金/鍛造
ヘッド体積 460cc
シャフト ALTA DISTANZA
ロフト 9度(10.5度、12度もあり)
長さ 46インチ
ライ角 59.5度
価格(税別) 7万円

『G425 MAX ドライバー』は、最新の『G425』の3種類のドライバーの1本です。

前モデル『G410 ドライバー』には、『MAX』というカテゴリーのドライバーはありませんでした。その前の『G400 ドライバー』には『MAX』があり、個人的には絶賛していたので、久しぶりの『MAX』に興奮します。

マットブラックのヘッドは、ピンゴルフらしいと感じるようになりました。空力を高めるデザインも同様です。

アドレスするとヘッドの大きさを実感できて、安心できます。

『G425 MAX ドライバー』で注目するテクノロジーの一つ目は、ヘッド重量の約11%というウェイトをヘッドのソール後部に配置したことで、究極の深低重心のヘッドになったことです。

史上最大のMOIのヘッドであることとの相乗効果で、叩いても曲がらない、ブレない、ということになるようです。

そして、ヘッド後部に搭載されたポジション可変式ウェイトです。スタンダード、ドロー、フェードを選べます。

肉眼ではわかりませんが、ピンゴルフ独自の熱処理で生まれた高強度・極薄の「FORGED T9S+チタンフェース」が、最大初速を生み出し、新たな飛びを可能にしているとのことです。

『G425 MAX ドライバー』は、新しい『G425』シリーズの3つのドライバーのフラッグシップモデルです。

ミスへの許容が大きいドライバーを求めるたくさんのゴルファーのためのクラブであると同時に、同様なツアープロがツアーで戦う相棒にもなるクラブです。

前モデルよりも良いものができなければ商品化をしないというピンゴルフのポリシーを考えることもなく、『G425 MAX ドライバー』は、手にしただけでワクワクできるドライバーです。

『G425 MAX ドライバー』は最先端のその先を見せる!

動画を見てください。

『G425 MAX ドライバー』の打音は、音量が大きめで、金属系の音質です。音質を一言で書くと、アメリカンなドライバーという感じになります。

前モデルよりも、打ち応えが柔らかくなって、フェースがたわんでいるのがわかるような感触があります。新しいフェースは、視覚ではわかりませんが、聴覚や触覚なら少しだけ理解できるようです。

『G425 MAX ドライバー』は、ほんの少しですが、とらえる動きをします。この辺りのチューニングはピンゴルフのスタンダードで、前モデル、前々モデルからの買い換えのゴルファーには、違和感がなく使えると思われます。

9度のロフトを感じさせない高弾道のボールが出ます。ナチュラルに打つと、軽いドローになります。

飛距離は230ヤード。僕の40メートル/秒のヘッドスピードを考慮すれば十分過ぎる飛距離性能です。

『G425 MAX ドライバー』は、トップレベルに飛びます。

オートマチックに同じ弾道を打つのに適しているドライバーです。ボールの曲がりは最小限になります。

ただ、注意しなければならないことがあります。出球がブレたときに、そのまま、右にも左にも真っすぐに良い球で飛んでいってしまうことがあるのです。

高MOIのクラブの特性で、フェースローテーションが大きいスイングだと、こういう現象が出やすくなります。曲がらない高機能の副作用のようなものです。

『G425 MAX ドライバー』は、オートマチックに同じ球筋をテンポ良く打ちたいゴルファーにオススメします。

インパクトで微調整したい敏感な感覚派のゴルファーには、別の『G425』があります。

また、しっかり思い切って振っても、曲がらないドライバーを探しているゴルファーにも『G425 MAX ドライバー』はオススメです。

『G425 MAX ドライバー』は、最先端のその先、というような未知の領域に踏み込んだクラブです。

慣性モーメントは、簡単に書くと、ヘッドの回転しやすさとしづらさを数値化したものですが、左右の慣性モーメントだけではなく、上下の慣性モーメントにも注目して高MOIを達成したのが、『G425 MAX ドライバー』なのです。

そんなスペックは自分には無関係だ、というゴルファーも少なくありませんが、この数値は、打球を安定させる意味で影響することは間違いありませんし、毎年のように更新される過去最高のMOIが、先ほど書いたような副作用的な結果を生むこともあるのです。

最先端と対極にある概念ですが、副作用が出るかどうかは、合う、合わないというクラブと使い手の相性だったりします。

『G425 MAX ドライバー』は、相性が良ければ、今までのドライバーでは経験できなかったゴルフができる可能性を秘めています。打ってみればわかることですので、一度は打ってみるべきドライバーだと言えます。
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516