お金がなくてもゴルフできる?打ちっ放しに行くまでのリアルな費用はいくら?

毎日忙しくて充実しています!

どうも~ノザです!

今回は、「お金がなくてもゴルフはできる? いくらあれば打ちっ放しまで行けるか」について説明していきます。

ゴルフを始めようか悩んでいる人の一番のネックは「お金が掛かること」です。

何のスポーツをするにしても、お金は絶対に掛かります。

・野球=バット、グローブ、シューズ
・テニス=ラケット、シューズ

いずれにしてもお金は掛かるのですが、ゴルフの関しては皆「ゴルフはお金が掛かる」と漠然としたイメージを持たれ、実際それが参入障壁になっています。

なので今回は具体的にいくらゴルフは掛かるのか?

ラウンドまでとなると話が長くなるので、今回は「打ちっ放しまで」を仮定して説明していきます。

【結論】お金は5万は用意してほしい

【結論】お金は5万は用意してほしい

getty

最初から結論を言います。

正直、「5万円」は想定しておいてほしいです。

これを見た人はきっと「高い!」と思いますよね?

実は、「1回切りの打ちっ放し練習だけ」と区切ればこの10分の1も掛かりません。

練習場には貸しクラブもあるので数百円あれば借りれますし、グローブだって靴だって別になくても打つことはできます。後は練習場の料金だけ。

しかしここはあえて厳しい金額を書きました。なぜなら「ゴルフを続ける前提の金額設定」ですから。

とりあえず5万あれば、クラブも揃うし他の必要な物も揃います。5万あれば何十年とゴルフを続けている人と何ら変わらない物が揃います。

高いと思われるかも知れませんが5万は見ておいてください。

では以下よりその内訳について説明していきます。

1.クラブとキャディバッグで4万円は必要

1.クラブとキャディバッグで4万円は必要

getty

まず最初に揃えなければならないのはクラブです。クラブのついでにキャディバッグも必ず買いましょう。

クラブですが、アイアン、ドライバーも含めてキャディバッグ付きで4万以下で売っています。もちろん中古にはなります。

ゴルフクラブは全然中古でも構いません。「中古クラブ買って壊れたら嫌だなぁ」と考える人も多いですが、実際クラブ自体そう壊れるものではありません。

ゴルフクラブは地面を打つ物ですし、20年間同じクラブを使っている人もいます。そう簡単に壊れる代物ではないので、安心して中古を買ってください。

別々に買う場合の値段設定を説明します。

キャディバッグは1万円~1万5000円程度でもしっかりしたブランド物であるので、それを買いましょう。安い無名のバッグもありますが、愛着を持つためにはある程度の物を買ったほうがいいかもしれません。

アイアンセット1万7000円、ドライバーと5Wで1万円。パターも中古で3000円。キャディバッグが1万円として、計4万円という計算になります。

4万円あれば立派なクラブとバッグが購入できます。

あまり安価な物を買うと「安物買いの銭失い」になるので気を付けましょう。

2.ゴルフシューズと手袋で5000円

2.ゴルフシューズと手袋で5000円

getty

次はゴルフシューズと手袋の2つ。この2つは新品を買いましょう。

ゴルフシューズは3900円程度で売ってるので、履き心地だけチェックして購入すればOK。ここは正直、僕の感覚で言えば何でも良い。

ただメーカーはどこでも良いですが、履き心地だけはしっかりと。

一度ネットで購入したゴルフシューズは超大手ゴルフブランドでしたが、先細りの靴で1回ラウンドしただけで小指の皮が剥がれました……。

続いては手袋ですが、これも靴と同じで特にブランドにこだわる必要はないというのが僕の感想です(これは当然ゴルフを始めたばかりの人目線で書いています。シューズも手袋も良い物は良い)。

靴同様、実際に着用して感触重視で判断しましょう。

3.ウェアで2000~3000円

3.ウェアで2000~3000円

getty

打ちっ放しだけなら特にウェアを気にする必要はありません。ゴルフ場にはドレスコードが存在しますが、ゴルフ練習場では厳しくチェックはされません。

しかし後々のことも考えて、ポロシャツくらいは持っておいたほうが良いでしょう。

そういう意味も込めて、ウェア代として2000~3000円入れておきます。

4.打ちっ放し費用で2000~3000円

4.打ちっ放し費用で2000~3000円

getty

最後に打ちっ放し代として2000~3000円を設定しておきます。これより安い所も多くありますが、ゴルフ練習場は料金形態がまちまち。

・時間制の打ち放題
・カードを購入して1球いくら計算

僕が行く打ちっ放しは上記2パターンが多いです。カードのパターンだと1回で3000円(600球)を払い、後は球の残数が尽きない限り何回でも行けるというシステム。

いろいろなパターンがありますが、多めでこの値段設定にしています。

まとめ・打ちっ放しまで行くなら5万円は用意してください

まとめ・打ちっ放しまで行くなら5万円は用意してください
ということで結論を書きます。

【ゴルフを始めるなら5万は用意してください】です。

繰り返しますが、本当にただゴルフをやってみたいだけ、打ちっ放しに行ってみたいだけなら2000円くらいで始められます。

クラブレンタルも初めての方なら無料など、初心者を応援する練習場も多く、またゴルフショップと練習場が併設された場所や大手中古ショップなどでは「クラブ1本プレゼント」とかあります。良き時代……。

2000円あれば打ちっ放しには行けます。

しかし、「やるならちゃんとやろう!」と考えているならやはり5万円。このくらいのお金は必須になりますね。

ただ5万円という数字は、最低限の費用ではありません。5万円あればそれなりのレベルのモノが揃うと考えてください。

逆に考えれば、5万円あればゴルフは余裕で始められます。

今日から今からでも!

ぜひ参考にしてください。
お気に入り
ノザ@ゴルフライター

【ゴルフは一生モノ】関東近郊に住むアラフォー直前のノザです!今までゴルフライター&ブログなどで500記事以上を書いています。

このライターについてもっと見る >
Z-STAR ownname 210101-210201
Z-STAR ownname 210101-210201

カートに追加されました。