飛距離アップと安定感の両方が手に入る!遠心力について考えてみよう

お気に入り
遠心力を使って飛距離を生み出す方法を考えてみました。

腕っぷしが強いだけでは遠くに飛ばすことはできません。腕の長さとクラブのしなり、長さを加えて遠くに飛ばしていきましょう。

遠心力ってなに?

遠心力ってなに?

getty

最近は自分より体の小さい方からオーバードライブされてしまうことが多々あります。

結構ショックです。いやかなりショックです。奏son輝です。

飛距離はゴルファーみんなの永遠のテーマであり、歳を取っても遠くに飛ばしたいのは夢でもあります。

その飛距離に必要になるのは、昔からも言われている遠心力です。

まず遠心力とは何かおわかりでしょうか。僕も詳しくは……すみません。

辞書で「遠心力」を調べたら、「慣性力」を知る必要があることがわかりますが、その慣性力がわかりません。

車を走らせている時に右に曲がろうとすると、身体は反対に左に持っていかれます。あれが一番身近な遠心力です。

ハンマー投げなども考えられますが、なかなか競技することはありません。

残念ながら周りにもなかなかいなかったです。

しかしながら、考え方としてはハンマー投げが一番考えやすかったりしますし、イメージも付きやすいです。

このことを踏まえて遠心力について考えていきましょう。

飛距離と方向性について考え方が柔らかくなり、それらを習得できると思います。

考え方が柔らかくなると、ゴルフの幅も広くなり、スコアにも必ず直結していきます。

斜に構えず素直に真っすぐ考えていきましょう。

コマやでんでん太鼓が良い事例です

コマやでんでん太鼓が良い事例です

getty

ゴルフにおいてよく言われることですが、「軸をしっかりと保ちましょう」と指導されます。

「軸をしっかり保つ」とは、スポーツ全般においてよく言われることかもしれません。

自分も話を聞かされた時にイメージが沸きやすかった話をしましょう。

軸を保ちきれいに回転するコマなんて最高にイメージしやすいのではないでしょうか。

このコマの状態が、遠心力と向心力が拮抗している状態です。

スイングもこのように回転すれば、飛んで曲がらないと思いますし、芯をとらえていける気がします。

コマの状態を身体に置き換えてみると軸が重要になります。やはり重要なのは軸かもしれません。

軸を背骨で考えると、軸が曲がっていたり歪んでいたら回転できません。しかも回転スピードが遅い時は軸は安定しません。

軸にあたる背骨は、曲げた状態では高速回転できませんし、自然な回転と軸の安定につながりません。

肩はしっかり回転軸である背骨に対して90度の角度で、力まずに速く回すことが、軸の安定につながります。

軸の安定と回転速度はどちらが欠けても遠心力につながらないでしょう。

すべてが噛み合う事ことにより連動し、完璧な形になると思います。

イメージがすべてではありませんが、頭に思い浮かべるだけで違います。

すべてイメージ通りにはいきませんが、上達には必ずつながります。

チカラを抜いて回転軸を安定させましょう

チカラを抜いて回転軸を安定させましょう

getty

軸をブラさなければ、効率よく回転スピードを上げられます。回転スピードが上がると、無論遠心力が最大化されます。

遠心力は身体の大きさや筋力に限らず、ゴルファーみんなが平等に活用できる力なのです。

回転すると軸の外に向かう力が生まれ、それを活用すると力みなくスイングテンポも次第に安定します。

遠心力をスイングに活かすと、もちろんミート率も上がり、安定して最大飛距離を生みます。

遠心力を取得する有効な手段は、よく言われるリラックスと足の踏ん張りではないでしょうか。

リラックスできないと、スイングに遠心力を生み出すことはできません。

外に向かおうとする力を活かすためには、足でしっかり踏ん張り外に向かう力に抗う必要があるのです。

外に向かおうとする力に腕や肩は引っ張られるままに従い、足は動き出しのきっかけと遠心力に抵抗するために踏ん張りましょう。

意識を持つことから始めて、遠心力を上手に活用する方法を身に付け、最大飛距離と安定感を手に入れましょう。

脱力して振られるようにすることが遠心力です。

足を肩幅程度に広げ、背筋は力まずに伸ばしましょう。両腕を伸ばして肩の高さまで上げ、顔を正面に向けたまま背骨を軸にスイングしましょう。

イメージは、肩を回した回転につられるように腕が自然に振られていく感覚でいいと思います。

あとは軸を中心にして遠心力を使い、テンポを大事に一定にして、腕の先の部分を意識しましょう。

飛距離を求めて遠心力を活かす動きを身に付けると、正確性も手に入れられます。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがでしたか。

難しく考える必要はありません。簡単に考えましょう。自分は、でんでん太鼓になった気分でいつもスイングしています。

体を動かさないと腕は回っていきません。腕にチカラを入れるとバランスもとても悪くなります。

体が動くことで腕が動き、連動性が出てきます。この点を重要視してスイングしていきましょう。

必ず上達につながります。だまされたと思って真剣にやってみてください。

そしてみなさん、毎ラウンドベストスコアを目指してともに頑張りましょう。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >